英語新聞ウォールストリートジャーナル(WSJ)から見た起業・ビジネスのヒント

英語がわからなくても最新アメリカビジネス事情を知りたい人、集まれ!
グローバルビジネスマンなら必読の英語新聞「THE WALL STREET JOURNAL(ウォールストリートジャーナル)」。ウォールストリート・ジャーナル研究家の高尾亮太朗が、最新の記事を解説し、起業・ビジネスのヒントを提供いたします。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
【491号】投資ファンドが、営業不振のモール・アナハイムガーデンウォークを買収する理由。
 

アナハイムガーデンウォーク

(from flickr)


◎本日のニュース

1)見出し
Mall Entertains New Mix

【出典】
http://goo.gl/TVdR0

2)要約
投資ファンドを運営するリレイテッド社は、
営業不振に苦しむショッピングモール・
アナハイムガーデンウォークの株式取得で合意に達した。

アナハイムガーデンウォークは、
カリフォルニアのディズニーランド近郊に位置するが、
テナント空室率が45%にも達している。
営業不振の要因は主に、
オープン時期が金融危機の深刻化した2008年半ばであった
というタイミングの問題、
ディズニーランドに近いことが逆に不利になったという立地の問題
の2つが挙げられる。

一方、リレイテッドは、

ショッピング施設から娯楽施設に特徴を変えることで、
再生を計画している。
具体的には、小売店舗を減らす一方で、
娯楽サービスを提供するレストランやその他娯楽施設の誘致を目指
す。
その理由は、モール来場者の70%が旅行者であり、
旅行者は、
ありふれた小売店舗より楽しめる施設を求めているからである。

また、アナハイムガーデンウォークが立地する
オレンジ州全体の小売テナント空室率が6.5%
にとどまり改善していること、
ディズニーリゾートの来場客が大きく増えていること、
アナハイム市がモールの改造を許可したこと、
もリレイテッドの計画に追い風となっている。

◎キーセンテンスとその翻訳
3)キーとなる英文
Related Cos. is taking a majority stake in a broken mall
near Disneyland that it plans to fix by taking a page
from Disney's playbook: mixing more entertainment
and restaurants in with the stores.

4)キーとなる英文の和訳
リレイテッドの社は、ディズニーランド近郊の
経営不振のモールの株式大半を取得しようとしている。
そして、
ディズニーの演出を真似ることによって再生を計画している。
その演出とは、小売店舗により多くの娯楽要素や
レストランを混ぜ合わせることである。

5)気になる単語・表現
Cos.    名詞      会社(= company)
broken  形容詞     故障した;不完全な
playbook        名詞      脚本集
mix A with in B 他動詞句    AをBに加える
※thatからコロン(:)までを直訳すると、
「レイテッド社は、
ディズニーの脚本集から1ページを取ることによって、
修繕しようと計画している。」となる。
◎記事から読み取った今日のヒント
6)ビジネスのヒント
アナハイムガーデンウォークのテナント空室率45%
がいかに高いかは、
同じ規模のショッピングモールのテナント空室率が
全国平均で9.3%であることと比較すると、理解できる。
また、広さは43万9千平方フィート(
約4万780平方メートル)だから、
御殿場アウトレットの約10分の1,
カリフォルニアのディズニーランドの約20分の1。
小ぶりの屋外型モールである。

このモールにリレイテッド社(Related Cos.)が目を付けたのは

現在のテナント構成・モール特徴が、来場者のニーズに合致していないから

と考えたからである。顧客ニーズに合致するようモールを改造すれば、
再生できると読んだ。

アナハイムガーデンウォークの利用者の特徴は、
その70%が旅行者ということ。
つまり、顧客ターゲットは、近隣住民ではない。
近隣住民がターゲットならば、
日常生活で必要なショップを集めれば、
来場を見込める。しかし、旅行者がターゲットであるならば、
日常的ではなく非日常的な空間が必要になる。
その非日常的な空間として、
娯楽要素をこのモールにふんだんに組み込めば、
旅行者の来場者が多くなり、売上・利益を最大化できる。
これが、リレイテッドの戦略である。
ちなみに、娯楽要素として、コメディクラブ(喜劇劇場)、
手品ショップのようなノベルティショップ、
ベリーダンスが行われたり店員が歌やダンスを
披露するテーマレストランを挙げている。

また、リレイテッドは立地の問題はないと判断している。
立地の問題を具体的に示すと、
◯ディズニーランドの来場者の利用が期待できるが、
実際には買い物はディズニーランド内で済ませてしまい、
ディズニーランドの集客力を活用できていない。
◯アナハイムコンベンションセンターから徒歩圏だが、
別のモーテルやホテルに遮られてモールが見えず、
その存在に気づいてもらえていない。
である。一方で、
◯オレンジ州のテナント空室率は、今年第2四半期が6.5%
に改善している。
◯アナハイムのディズニーランドリゾート
(ディズニーランドともう一つのテーマパークを含む)は、
第三四半期に来場客数の新記録を出した。
その要因の一つは、新しいアトラクション。
というデータもある。このデータからわかることは、
アナハイム市全体として景気は比較的良く、
さらにディズニーランドの集客力は増している、
ということである。ディズニーランドの近くに立地する
アナハイムガーデンウォークにとって、
この事実は大きな追い風であり、
集客施設に近接していることは大きなメリットである。

そこで、リレイテッドは、立地問題の解決方法として、
ありふれた小売店の集合体から娯楽施設へと変身することにより、
これまでスルーしてきたディズニーランドの来場者を集客できる。
◯目立つ看板や告知をすることで、
コンベンションセンター利用者の集客を期待できる。
と考えた。
つまり、
モールのテナント構成をターゲット顧客のニーズに合わせ、
モールの存在やその特徴をターゲット顧客に知らせる
コミュニケーション方法を刷新することで、解決したのである。

このリレイテッドの事例から学べることは、

ターゲット顧客を明確化し、そのニーズに合致するような商品
(モノ・サービス)を提供することは、ビジネスの要諦である

ということである。

***************************
《今回のヒントのまとめ》

1)投資ファンドを運営するリレイテッド社は、
経営不振に苦しむショッピングモール・
アナハイムガーデンウォークの
株式の大部分取得で、合意した。

2)リレイテッドが、アナハイムガーデンウォークの再生が
可能だと判断したのは、
現在のテナント構成がターゲット顧客のニーズに合致していない、
と考えたからである。

3)モール来店者の70%は旅行者であるにもかかわらず、
モールはありふれた小売店中心で、
さらにテナント空室率が45%にも達していたため、
売上が低迷していた。

4)そこでモールを、旅行者が望む非日常的な娯楽施設に変えることで、
これまで集客できなかったディズニーランド来場者の来店が見込め
るとした。

5)この事例から、ターゲット顧客を明確化し、
そのニーズを満たす商品を提供することが、
いかに重要かがわかる。

***************************

毎週火曜・土曜の18時、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)

7)おすすめ商品・サービス

◎Winecarte 簡単ワインの選び方
一番新しい記事は、

ワイン専門家が高いワインを買わなくなった理由とは?
http://wine.ryotarotakao.com/archives/1309

です。

最近、ワインを勉強しています。
それをアウトプットする意味でも、
ワインのサイトを始めました。
焦らず少しずつ作成する予定です。
http://wine.ryotarotakao.com/

編集後記
こんばんは、高尾です。
思えば、アナハイムのディズニーランドには、
1996年に行ったきり。
アメリカ本土にも、1998年以来行っていません。
アメリカ絡みの仕事があれば、
比較的容易に行けるかもしれないですが、
今はそういうのもありません。
旅行で行けばいいのですが、アメリカ本土は遠いのがネック。
次行くのはいつになるのでしょうか。
町を歩いてアメリカの経済実態をこの目で見ることには、
興味ありますが。
(当分、無理かな。)

| 高尾亮太朗 | マーケティング | 19:02 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
【488号】シリコンバレーで立ち机利用者が増えているわけとは?
 

立ち机

(from flickr)

※既刊号での修正がありました。
◎本日のニュース

1)見出し
Standing Desks Are on the Rise

【出典】
http://goo.gl/kZiHV

2)要約
シリコンバレーンの企業にて、

立ち机を使って仕事をする人が増えている。
その理由は、快適に仕事ができ、
終日エネルギーを仕事に注げるからである。

また、医療の専門家が公開したレポートの影響も大きい。
レポートによると、長時間座った状態でいると、
健康上の問題が起きやすいという。

ただし、立って仕事をすることには慣れが必要とされる。
最初は正しい姿勢を保つことに戸惑うが、
徐々にコツがつかめて来て後戻りできない人が多いという。

◎キーセンテンスとその翻訳
3)キーとなる英文
A growing number of workers at Google Inc., Facebook Inc. and
other employers are trading in their sit-down desks for standing ones,
saying they feel more comfortable and energized. They also are
motivated by medical reports saying that sitting for too long leads to
increased health risks.

4)キーとなる英文の和訳
グーグル社、フェイスブック社などの企業で働く人で、
座って使う机を立ち机に換えてもらう人が増えている。
彼ら曰く、立ち机の方がより快適で、
エネルギッシュに仕事ができるという。
また、長時間過剰に座っていると、
健康上のリスクが増すという医療上のレポートが、
彼らを立ち机に導いている。

5)気になる単語・表現
trade in A for B        自動詞句    Aを下取りしてBと交換する

◎記事から読み取った今日のヒント
6)ビジネスのヒント
シリコンバレーで仕事をする人の多くは、
プログラマーやデザイナーなどパソコンを常時使う人達。
この人達の間で立ち机が人気というから、
立ってパソコンを使っているということになる。
実際、記事にはその光景の写真が掲載されてある。

実際に立って仕事をする人の声も掲載されてある。
フェイスブックの従業員二人の声であるが、
両者に共通するのは、
立って仕事をするおかげで、
疲れや眠気に襲われずに集中できるようになった
という点である。

医療専門家の意見として、
全米がん協会:1日6時間以上座って仕事をする女性は、
3時間以内の女性よりも早死する確率が37%高まる。
同じように、男性では18%高まる。
アメリカ心臓病大学:長時間座っている人の死亡確率は、
あまり座っていない人よりも高い。
というレポート内容が紹介されてある。
そして、実際に立って働くようになった人は、
座っていた時に感じた背中の痛みが、
立って仕事をすると感じ無くなったと答えている。
健康上も、立って仕事をするメリットは大きいと言える。

これらの結果、立ち机に切り替える従業員が増えている。
フェイスブック社の事例では、
週に5〜8人が立ち机への交換を要望し、
2000人以上の従業員のうち200〜
250人が立ち机を使っている。
フェイスブックでの立ち机人気が、
シリコンバレーのその他IT企業に波及しているのだろう。
シリコンバレー全体では、
立ち机が相当数売れていると予測される。

そもそも、パソコンを使う仕事はデスクワークとされ、
座って仕事をすることとされていた。
座った方が体への負担が少なく、
より仕事がはかどるからであろう。
しかし、実際には長時間座って仕事をすると、
体に負担がかったり、眠気が襲ったり、
さらには健康上の被害が起こったりする。
良かれと思ってしていたことが、実際には悪影響を及ぼし、
その結果、成果が悪くなる。
デスクワークの目的は成果を高めることであり、
その環境は手段に過ぎない。座るか立つかは手段であり、
より成果を高める手段を取ればいいことになる。
これは、デスクワークに限った話ではなく、
商品にも当てはめることができるだろう。
商品の目的は、そのベネフィットである。
ベネフィットが高まるならば、
商品の形状や販売方法などは手段に過ぎない。
顧客が本当に求めるベネフィットを定め、
そのベネフィットを高めることで、
新たなビジネスチャンスが生まれるのだろう。

ちなみに、頭脳を使った成果がどこよりも求められるシリコンバレーで、
立ち机が支持を得ているといこうことは、
立ち机を採用する企業が世界中で増えてくるように思われる。

***************************
《今回のヒントのまとめ》

1)シリコンバレーの企業で、立ち机を利用する人が増えている。
その理由は、快適に仕事ができ、
より仕事にエネルギーを注げるからである。
また、医療専門家によると、長時間座っていると
早死する確率が高まるとされており、この専門家の意見も、
立ち机利用に拍車を掛けている。

2)デスクワークにて、座って仕事をするかたって仕事をするかは、
手段にすぎず、成果をより高めることがその目的とされる。
だから、目的を達成するために、
手段を変えることには疑問を感じない。

3)これをビジネスに置き換えると、
商品を通じてベネフィットを提供することが目的であり、
商品の形状や販売方法は手段にすぎない。

4)顧客が本当に求めるベネフィットを定め、
そのベネフィットを高めるために手段を切り替える。
これが、ビジネスチャンスとなる。

***************************

毎週火曜・土曜の18時、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)

7)既刊号の修正について
2011年8月30日発行分にて、間違いがありましたので、
ここで修正いたします。
修正箇所は、キーセンテンスをその翻訳。正しい翻訳は、
モンサント社が強力な害虫から守るために遺伝子を組み替えたとうもろこしは、
広く栽培されているが、一部のアイオワ州の農場では、
まさにその害虫の餌食(えじき)になっている。」
となります。
prey(餌食)を、pray(祈り)と見間違えて、
誤訳していました。
モンサント社は、
害虫を駆除するために遺伝子組換え技術を開発しました。
しかし、
遺伝子組換え技術に頼った栽培方法が害虫に免疫を与えた結果、
駆除するはずの害虫が駆除できずに、
その害虫に苦しむことになりました。

大変失礼いたします。
また、ご指摘いただいたMさん、ありがとうございました。
今後とも、このような間違い・質問等ございましたら、
ご連絡いただければ幸いです。
こちらまで、お願いします。→ tryotaro1975@aol.com

6)おすすめ商品・サービス

◎Winecarte 簡単ワインの選び方
一番新しい記事は、

ロジャー・グラート・カヴァ・ロゼ・ブリュット2007
(Roger Goulart Cava Rose Brut 2007)
http://goo.gl/GjbiR

です。

最近、ワインを勉強しています。
それをアウトプットする意味でも、
ワインのサイトを始めました。
焦らず少しずつ作成する予定です。
http://wine.ryotarotakao.com/

編集後記
こんばんは、高尾です。
週末は、友人の結婚式に参加していました。
大学時代の大切な友人ですが、会ったのは本当に久しぶり。
さらに、ご両親にお会いするのは約20年ぶり。
その幸せな姿に感動するとともに、
式・披露宴を楽しむことができました。
結婚式って、本当にいいものですよね。

| 高尾亮太朗 | マーケティング | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【470号】ウィンテックス、濃縮詰換え用洗剤が売れなかった理由とは?
 

Windex


◎本日のニュース

1)見出し
Little Package, Small Problem

【出典】
http://goo.gl/pgFS0

2)要約
アメリカの洗剤ウィンデックスは、
水に薄めて使う濃縮用詰め替え商品を発売したが、
思うように売れないでいる。

ウィンデックスを製造するSCジョンソンアンドソン社は、
ウィンデックスの大部分が水分だという点に注目して、
水で薄める濃縮タイプを開発した。
この商品は、コスト削減・保管のしやすさ・ゴミ削減の点で、
企業・消費者・環境どれにとっても好まれる特質を持っていた。

このような濃縮型ウィンデックスの販売が苦戦するのは、
水に薄めて使うという点が面倒であり、
さらに通販のみで販売されているために
送料が掛かるという点で価格メリットが小さいので、
消費者にとって魅力が少ないからである。

3)キーとなる英文
The company acknowledges that the home chemistry
project of pouring cleaners like Windex into
narrow spray bottles and then adding water can be taxing.

4)キーとなる英文の和訳
その企業は、家庭でウィンデックスのような洗剤を
口の狭いスプレーボトルに流しこみ、
その上水を加えることが負担になりかねないことを認識している。

5)気になる単語・表現
taxing  形容詞     負担になる

6)今日のヒント
記事によると、ウィンデックス(Windex)の
濃縮型タイプが開発されたきっかけは、
SCジョンソンアンドソン(S.C. Johnson & Son Inc.)の
コスト削減にあるという。
原材料価格やガソリン価格の上昇により、
ウィンデックスの製造コスト・輸送コストが上昇した。
この上昇分を既存商品へ価格転嫁することを避けるために、
水で薄める濃縮タイプが開発された。濃縮タイプは、
1.商品が小さい→表面積小さくなるので、
パッケージの原材料コストが下がる。
2.水分が少ない→水の分だけ
小さくまた軽くなるので、輸送コストが下がる。
というコストメリットを発揮する。
さらに、付随するメリットとして、
3.利用可能回数が多い→ブランドスイッチしにくくなる。
も挙げられる。これらはすべて、
製造メーカーにとってメリットである。
さらに、消費者・環境の視点から見ると、
1.商品が小さい→保管スペースを取らない。
ゴミを減らせる。
というメリットが浮上する。このように考えれば、
「消費者ニーズ・環境ニーズに合致する商品だから、
売れるだろう。」となるので、高い期待を抱いてしまう。

しかし、
2.水分が少ない→水で薄める手間がかかる。
というデメリットが大きかった。
水で薄めるという行為は、
これまでの洗剤では必要のなかった行為である。
この新たな行為をしなければならない点が、
消費者には大きな負担となり、購入に二の足を踏むことになった。

さらに、小売店での販売でも問題があった。それは、
◯詰め替え商品を棚に並べるには、
新たに販売棚のスペースを確保する必要がある。
という点である。詰め替えタイプを売るために、
スプレーが付いたレギュラータイプが棚から外されれば、
詰め替えタイプが売れなくなる。
だからといって、限られた棚スペースを
同業社と競っているので、
新たなスペースを確保することは相当難しい。
この問題のために、ウィンデックス濃縮タイプは、
ネット販売限定を余儀なくされたのであろう。
記事には書かれていないが、

棚スペースを確保できなかったと思われる。

また、詰め替えタイプは、
レギュラータイプと同じようなデザインの
スタンディングパウチであることが多いため、
棚から落ちやすい。
これは、小売店にとってメンテナンスコストとして
跳ね返ってくる。
だから、詰め替えタイプのアイテム数を増やしたくない、
というのが小売店側の本音だろう。
これも、ウィンデックス濃縮タイプには逆風となった。

さらに、ネット通販限定商品のため、
送料がかかり、消費者にとって濃縮タイプを買う価格メリットが
小さくなったのも見逃せない。
記事によると、濃縮タイプでない詰め替え用ボトル26オンスが
2.9ドル〜3.5ドルなのに対し、
濃縮タイプ3袋で7.5ドル+送料かかる。
濃縮タイプはこれに、加える水代がかかる。
水を入れる手間を考えなければ、
濃縮タイプの方が安くなる。
しかし、水を加えるという
これまでしたことのない作業をする面倒くささを考えれば、
少し高くても単純詰め替えタイプを手に取ってしまうだろう。
また、濃縮タイプを買うために、
わざわざ通販サイトにアクセスするのも
面倒に思う消費者も多いだろう。
単純詰め替えタイプなら、
食料品を買出しに行った時にスーパーで買えばいい。

このように、ウィンデックス濃縮タイプが売れなかった要因は、
1.わざわざ水を加える面倒さ
2.わざわざネット通販で買わなければならない面倒さ
3.面倒な割に小さな価格メリット
になるだろう。さらに、
4.具体的な環境への良い点がわかりにくい
ということも、環境面でアピールするためには
必要になるだろう。

逆に考えれば、
1.簡単に水を加える方法を説明
2.近くのスーパーで買える
3.価格メリットについて数字を使って説明
4.環境にプラスな点について数字を使って説明
ができれば、これらのハードルを乗り越えることができる。
商品開発をする際、
「利便性の高さ」とその商品特徴を
「数字を使って具体的に説明する」ことの2点が、
重要であることがよくわかる。

ウィンデックス http://www.windex.com/

***************************
《今回のヒントのまとめ》

1)水を加えて使うウィンデックス濃縮タイプは、
企業・消費者・環境すべてにとってメリットのある
商品のように思われる。しかし、それほど売れていない。

2)企業にとっては、原材料コスト・輸送コストの削減などで
メリットがあるが、消費者にとっては、
水を加えるという面倒な作業をしなければならないという
デメリットがある。
これまでなかった行為を行わなければならないというのは、
大きなハードルである。

3)また、ネット通販限定商品なので、
わざわざネットで買わなくてはならない。
食料品の購入時に一緒に買うことはできない。

4)さらに、通販で買う際に送料がかかることや、
水を自分で加えるなど、価格メリットもわかりにくい。
ゴミが減るのはわかるが、環境にどの程度いいのかも
わかりにくい。

5)このように、面倒さやわかりにくさが、
販売の大きなハードルになっている。
逆に、商品に「利便性の高さ」があり、
また商品特徴を「数字を使って具体的に説明」できれば、
そのハードルを乗り越え、売れる確率が高くなる。

***************************

毎週火曜・土曜の18時にて、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)

6)おすすめ商品・サービス

◎Winecarte 簡単ワインの選び方
一番新しい記事は、

デルタ ヴィンヤード マールボロ ピノ・ノワール2008
(Delta Vineyard Marborough Pinot Noir2008)
http://goo.gl/LjgOi

です。

最近、ワインを勉強しています。
それをアウトプットする意味でも、ワインのサイトを始めました。
焦らず少しずつ作成する予定です。
http://wine.ryotarotakao.com/

編集後記
こんばんは、高尾です。
大学時代の友人が、結婚することになりました。
海外で挙式するので、秋に海外に行くことに。
昨年10月にベトナムに行って以来の海外です。
プライベートだけで行くのは勿体ないので、
何か現地で仕事ができればと思っています。
どこの国などこれ以上書けないので、
私に何か依頼されたい方はご連絡ください。
ご連絡いただいた方に、詳しい内容をお知らせします。

高尾亮太朗のfacebook⇒ http://www.facebook.com
(アカウントは、ryotarotakaoです。)
高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ http://ryotarotakao.com
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

ご質問・ご相談・ご感想がございましたら、ご連絡ください。
⇒ tryotaro1975@aol.com

メルマガ相互紹介を希望されるメルマガ執筆者様は、ご連絡お願いします。

私もごく少ない部数の時に、
いろんなメルマガ執筆者様に助けていただきましたので、
今回は私が恩返しします!

メルマガ相互紹介に関する連絡先はこちら
⇒ tryotaro1975@aol.com

今日の反省などについては、このブログを
⇒ http://ameblo.jp/caferics/

メルマガ連動のブログサイトを作りましたので、
できればコメントお願いします。
http://wsj.jugem.jp/

当メルマガの情報については万全を期しておりますが、内容を保証するもの
ではありません。これらの情報によって生じた、いかなる損害についても、
補償はいたしかねますので、ご了承ください。

また、当メルマガでは広告も誌面の一部として、読者様に有効であると
思われるものを厳選しておりますが、内容については当方で責任を負える
ものではございません。ご配慮の上ご利用頂けます様お願い申し上げます。

| 高尾亮太朗 | マーケティング | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【467号】デザインバーコード、利益に結びつける方法とは?
 

Barcode problem 2



◎本日のニュース

1)見出し

Art in Aisle 5: Barcodes Enter Expressionist Period

【出典】

http://goo.gl/1DZQa


2)要約

商品パッケージのデザイン性が高まる傾向が、
バーコードにも及んでいる。
有名な建造物や商品に合致したイラストを模したバーコードが、
登場している。

このようなデザイン性の高いバーコードを活用するのは、

小規模な企業が多いが、グローバル企業でも
小さなブランドで使う傾向がある。
それは、商品の種類が小さいと、
バーコードデザインのバリエーションも少なくて済むからである。

しかし、

デザイン性の高いバーコードの使用を躊躇する企業もある。
奇抜なバーコードの場合、スキャンされない可能性が高くなる
からである。スキャン不能な場合は、
パッケージを再度印刷するなどコストが膨大にかかる。

3)キーとなる英文

Package design has become so artful, it has come to this:
Even the barcode, the style runt of product labeling,
is getting gussied up.


4)キーとなる英文の和訳

パッケージデザインが芸術的になる傾向は、
次のものにも及んでいる。
製品ラベルに付けられた木の古株のような形をした
バーコードでさえ、装飾を帯びてきている。

5)気になる単語・表現

runt    名詞      木の古株
gussy up        他動詞句    〜を飾り立てる
※itは、前文を指す。
※Packge〜thisを直訳すると、「パッケージデザインは、
とても芸術的になってきたので、
その傾向は次のようにもなっている。」

6)今日のヒント

デザイン性の高いバーコードに付いては、
以前に日本の雑誌(恐らく日経ビジネス)で取り上げられており、
その記事を読んだことがある。
案の定、デザインバーコードは、
東京にある広告・デザイン企業のデザインバーコード社が作っている、
とこの記事で紹介されている。
もちろん、デザインバーコード社だけの独自技術
(または特許)というわけではなく、
アメリカの企業もデザインバーコードを作成している。

デザインバーコードの例として実際のバーコードが紹介されているのは、

1.ミキサーの形をしたバーコード
2.噴水の形をしたバーコード
3.ニューヨークの摩天楼の風景を模したバーコード
4.トラックの形をしたバーコード
5.スラックスの形をしたバーコード
で、ぱっと見ただけではどれもバーコードに見えない作品。
デザインバーコードを使えば、
商品パッケージのデザイン性が壊れることがないばかりか、
逆にアップするだろう。

ただし、このデザインバーコードをパッケージに付けることは、

コストのかかることである。
記事では、パッケージを再度印刷するコストが取り上げられているが
、これよりも高く付くのがそのデザイン作成コスト。
印刷費は、新製品開発時やリニューアル時にすれば、
通常のバーコードを付ける場合と同じコストで済む。
しかし、これまでのバーコードが数字さえ決めれば
自動的に作成できた一方で、
デザインバーコードは商品に合わせたデザインを作る必要があり、
これまで負担しなくてもよかった費用がかかることになる。
この費用対効果については、記事では論じられていない。

デザイン性の高いバーコードを採用することで、

商品に対する消費者の受けが良くなるのは確かだろう。
しかし、それが購入に結びつき、
売上・利益を生み出すかは未知数である。

バーコード自体が消費者の目を引くため、

デザインバーコードを採用した商品は、
普通のバーコードを付けた商品よりも、
購入確率は高まる。
ただし、それには、商品の価値が消費者に認められる
という条件が付く。
商品のベネフィットがその価値にあり、
デザインバーコードにない以上、
いくらデザインバーコードを付けたからと言って、
価値の低い商品が売れることはない。
価値に大差ない商品があり、
その一方にデザインバーコードが、
もう片方に普通のバーコードが付いていたならば、
デザインバーコードを付いた方を消費者が手にする
確率は高い。デザインバーコードを付ける前に、
まずは商品の価値を高める必要がある。

その上で、デザインバーコード作成にかかる

費用を賄える利益率が、その商品に求められる。
そうなると、デザインバーコードを付けるに値する商品は、
価格訴求品ではなく高付加価値商品になるだろう。

また、デザインバーコードを付けることは、

その商品だけでなく企業の差別化にもつながる。
単なる線の塊であるバーコードにデザインを付けることによって、
消費者に語りかけようという企業姿勢を伝えることが
できるだろう。この思いが通じれば、
商品のリピーターになるだけでなく企業のファンになる可能性もある。
継続的に購入してくれる顧客を増やすことは、
企業に継続的な利益をもたらす。
この顧客化を後押しする工夫をすれば、
デザインバーコードを採用する効果は高まるのではないだろうか。
例えば、デザインバーコードの案を購入者から募集したり、
複数のデザインバーコードを集めて応募するプレゼント抽選を
企画したり、デザインバーコードを基点にした企画は
いろいろ考えられる。デザインバーコードは、
消費者に対する企業の一コミュニケーションと言えるだろう。

***************************

《今回のヒントのまとめ》

1)パッケージデザインの一環として、

デザイン性の高いバーコードを採用する商品が増えている。
しかし、これまでかからなかった作成コストが発生するので、
その費用対効果は考えて、採否を決める必要がある。

2)デザインバーコードは目に付くので、

購入確率を高める効果があるが、
その前提として、商品本来のベネフィットである
価値を高める必要がある。
競合商品と価値に大差がないからこそ、
デザインバーコードの付いた商品が選ばれることになる。

4)さらに、デザインバーコードを作成する費用を

賄えるほどの利益率も必要になる。
よって、高付加価値商品が、
デザインバーコードを採用する
商品の最有力候補に挙がるだろう。

5)また、デザインバーコードを、

リピート購入さらには企業のファン作りにつなげる
工夫があれば、その費用対効果はさらに高まる。

***************************


6)おすすめ商品・サービス


◎Winecarte 簡単ワインの選び方

一番新しい記事は、

セニュールジャンドローズ2009(Seigneur Jean de Roze2009)

http://wine.ryotarotakao.com/archives/today_wine/seigneur-jean-de-roze2009

です。

最近、ワインを勉強しています。

それをアウトプットする意味でも、ワインのサイトを始めました。
焦らず少しずつ作成する予定です。
http://wine.ryotarotakao.com/


編集後記

こんばんは、高尾です。
今日は、またまた甲子園で巨人戦を観戦します。
(今現在は金曜日。予約配信のため、メルマガ発行時には試合は終わっています。)
問題は、お天気。
今週いっぱい雨の予報でしたが、
水曜からはほとんど雨が降りませんでした。
となると、この雨の予報がずれ込む可能性があります。
(実際、金曜における土曜の予報は曇のち雨。)
どうなるんでしょうか?
雨の中観戦するのは、これまでありませんでした。
大変混み合っている甲子園で、
さらに雨の中応援するのは辛いなぁ。
晴れを祈るばかりです。

高尾亮太朗のfacebook⇒ 
http://www.facebook.com
(アカウントは、ryotarotakaoです。)
高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ http://ryotarotakao.com
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

ご質問・ご相談・ご感想がございましたら、ご連絡ください。

⇒ tryotaro1975@aol.com

メルマガ相互紹介を希望されるメルマガ執筆者様は、ご連絡お願いします。


私もごく少ない部数の時に、

いろんなメルマガ執筆者様に助けていただきましたので、
今回は私が恩返しします!

メルマガ相互紹介に関する連絡先はこちら

⇒ tryotaro1975@aol.com

今日の反省などについては、このブログを

⇒ http://ameblo.jp/caferics/

メルマガ連動のブログサイトを作りましたので、

できればコメントお願いします。
http://wsj.jugem.jp/


当メルマガの情報については万全を期しておりますが、内容を保証するもの

ではありません。これらの情報によって生じた、いかなる損害についても、
補償はいたしかねますので、ご了承ください。

また、当メルマガでは広告も誌面の一部として、読者様に有効であると

思われるものを厳選しておりますが、内容については当方で責任を負える
ものではございません。ご配慮の上ご利用頂けます様お願い申し上げます。
| 高尾亮太朗 | マーケティング | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【456号】オフラインとオンラインをつなげるQRコードの可能性
 

※東日本大震災で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。
また、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

◎本日のニュース


1)見出し

Target: Customers on the Go

【出典】

http://goo.gl/6jZkD


The magical Win-a-trip-to-Montreal QR Code



2)要約
アメリカでは、クイックレスポンス(QR)コードを
活用する中小企業が増えてきている。
QRコードを、ポスター広告・DM・店内ディスプレイ・
商品パッケージなどに付けて、忙しい消費者に、
その場でより多くの情報を提供し、
売上拡大につなげようと試みる。
無料でQRコードを作成できることは、
中小企業で普及する大きな要因である。

QRコードの利用が増えている背景には、

コードリーダーの付いたスマートフォンの普及がある。
アメリカ全体で約3千万人の消費者が、
コードリーダー付の携帯電話を持つとされている。

しかし、QRコードにも課題が存在する。

それは、使い方を知らない人が依然多いこと、
リンク先のコンテンツ作成にはコストがかかること、
同じ機能を持つ規格が複数あることなどである。

3)キーとなる英文

With smartphone use soaring, many small
companies are turning to these quick-response,
or QR, codes to connect with customers on the
go.

4)キーとなる英文の和訳

スマートフォンの利用が急拡大しているので、
多くの中小企業は、クイックレスポンス、
略してQRコードを使って、

忙しい消費者に働きかけようとしている。

5)気になる単語・表現

soar    自動詞    急上昇する
turn to 自動詞句  〜に取り掛かる、〜に頼る、〜に向かう
on the go   副詞句    忙しく働いて

6)今日のヒント

記事で紹介されているQRコードの活用事例は、
1.ポスター広告:あるコーヒーショップチェーンは、
電車内のポスター広告にQRコードを付けて、
その場で注文できるようにした。お店に行けば、
待たずに商品が提供される。
2.DM
(ダイレクトメール):DMに、動画メッセージへ
リンクするQRコードをつける。
3.店内ディスプレイ:ある書店では、
スタッフのおすすめ書籍売場に、QRコードを設置。
売り切れた場合、そのコードから自社通販サイトに
アクセスでき、その場で購入できる。
4.商品パッケージ:あるコーヒーメーカーは、
コーヒー豆のパッケージにQRコードコードを付けて、
コーヒー豆の挽き方を詳しく説明するサイトへ
アクセスできるようにしている。
5.商品パッケージ:ある加工食品メーカーは、
商品パッケージに付けたQRコードコードから、
レシピや必要な食材、作り方のデモンストレーションが
提供されるサイトへアクセスできるようにしている。
など。

これらをまとめると、

QRコードを使うメリットが理解できる。
そのメリットを一つは、

◎モノに課される制約から解放される


ということ。

一番大きな制約は、場所というスペース。
ポスターや売場・商品パッケージは、
スペースが限られる。
その結果、そのスペースで提供できる
情報量も限られることになる。
しかし、この限られたスペースにQRコードを付ければ、
スペースが無限に広がるオンラインに
つなげることができる。
スペース上の制約は解消されることになる。

次の制約は、表現方法だろう。

モノの上で展開できる表現方法は、
文字や画像がメイン。
動画もできないわけではないが、
機械が必要になるなど大きなコストがかかる。
しかし、QRコードを使って、動画につなげれば、
動画を利用するハードルは大きく下がる。

情報の鮮度という制約もあるだろう。

印刷すると、同じ印刷内容の物が大量に出来上がり、
その結果一個あたりの印刷コストを下げることができる。
しかし、印刷内容の更新は、
その大量生産のゆえにそう簡単にはできない。
一方、QRコードを使う場合、
QRコードからリンクされたオンライン上の
内容を更新すれば、印刷内容を変更せずに
鮮度の高い情報を提供できる。

また、QRコードのメリットとして、

◎その場でより深い販売活動を行うことができる
ということも忘れてはいけない。

忙しい人が増えている中、その場で対応できなければ、

その商品や企業を忘れてしまう確率は高い。
例えば、車内のポスター広告を見て、
その商品に興味を持ったとしても、
目にしたその商品の広告がそのポスターだけならば、
その商品の名前やブランド名・メーカー名を
忘れてしまうだろう。興味が販売につながらず、
販売機会を喪失したことになる。

QRコードを使えば、その商品のさらに詳しい説明をする

サイトにリンクすることによって、
その場で商品への関心をより強くできる。
また、QRコードから、その商品を購入できる
サイトにリンクすれば、その場で購入(クロージング)まで
進めることができる。
QRコードから商品問い合せができれば、
企業は見込客を獲得することができる。

このようにQRコードは、

◎(企業側)モノの持つ制約を解消することで、
より深い販売活動ができる。
=(消費者側)商品をより深く知ることできる。
◎(企業側)その場で消費者がアクションできることで、
販売機会を活用できる。
=(消費者側)興味を持った商品を忘れてしまう
ことを避けられる。
という、企業側・消費者側双方にとってのメリットを持つ。
まさに、ウィンウィンが成り立つ仕組みである。
QRコードが定着するかどうかはともかく、
モノというオフラインとオンラインをつなぐ機能は、
今後ますます重要になるだろう。

***************************

《今回のヒントのまとめ》

1)QRコードのメリットとして、

モノに課された制約を解消すること、
その場でより深い販売活動ができることの
2つを挙げることができる。

2)制約とは、スペース・表現方法・情報の鮮度などの

制約であり、QRコードとオンラインをリンクすることで、
解消することができる。企業にとっては、
提供できる情報の量・質を拡大できる。
一方で、消費者にとっては、
より詳しい情報を知ることができる。

3)QRコードは、その場でより詳しい情報を

提供するだけでなく、その場での購入や
問い合わせまで可能とする。
企業にとっては、消費者の興味を見込客の獲得や
販売にまでつなげられる。
一方、消費者は、興味を持った商品を
忘れてしまうことを避けられる。

4)このようなQRコードのメリットは、

オフラインとオンラインをつなぐ機能に起因する。
QRコード自体はともかく、
このつなぐ機能の重要性は高まるだろう。

***************************

毎週火曜・土曜の18時にて、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)

6)おすすめ商品・サービス

◎Winecarte 簡単ワインの選び方

一番新しい記事は、

ムートン・カデ・ルージュ2008(Mouton Cadet Rouge 2008)

http://wine.ryotarotakao.com/archives/797

です。
間違いがあったので、修正しました。(AOCなど)
最近、ワインを勉強しています。
それをアウトプットする意味でも、ワインのサイトを始めました。
焦らず少しずつ作成する予定です。
http://wine.ryotarotakao.com/


編集後記

こんばんは、高尾です。
私自身QRコードで厄介に感じるのは、
携帯電話のカメラで読み取るのが面倒なことです。
簡単に読み取れればいいのですが、
昔何度も読み取りに失敗したせいもあり、
少しアレルギーがあるのかもしれません。
また、原則、携帯電話ではメール以外の
ネット機能は使わないので、
サイトにリンクしたQRコードは
スルー(素通り)することがほとんど。
ネスレなど大手企業の商品パッケージで
目にしだしたQRコード。
QRコードからのアクセスがどの程度あるのかは、
気になるところです。

高尾亮太朗のfacebook⇒ 
http://www.facebook.com
(アカウントは、ryotarotakaoです。)
高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ http://ryotarotakao.com
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

ご質問・ご相談・ご感想がございましたら、ご連絡ください。

⇒ tryotaro1975@aol.com

メルマガ相互紹介を希望されるメルマガ執筆者様は、ご連絡お願いします。


私もごく少ない部数の時に、

いろんなメルマガ執筆者様に助けていただきましたので、
今回は私が恩返しします!

メルマガ相互紹介に関する連絡先はこちら

⇒ tryotaro1975@aol.com

今日の反省などについては、このブログを

⇒ http://ameblo.jp/caferics/

メルマガ連動のブログサイトを作りましたので、

できればコメントお願いします。
http://wsj.jugem.jp/


当メルマガの情報については万全を期しておりますが、内容を保証するもの

ではありません。これらの情報によって生じた、いかなる損害についても、
補償はいたしかねますので、ご了承ください。

また、当メルマガでは広告も誌面の一部として、読者様に有効であると

思われるものを厳選しておりますが、内容については当方で責任を負える
ものではございません。ご配慮の上ご利用頂けます様お願い申し上げます。
| 高尾亮太朗 | マーケティング | 01:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【455号】本当にお得なクーポンサイト、その特徴とは?
 
※東日本大震災で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。
また、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

FREE

◎本日のニュース

1)見出し 
The New Best Coupon-Clipping Sites 

【出典】
http://goo.gl/Qjz2f
2)要約
クーポンサイトが乱立しており、
消費者にとっては本当にお得なクーポンを
見つけるのが難しくなっている。

というのは、ユーザーのために本当にお得なクーポンを
掲載する優良サイトもあるが、大部分のサイトは、
手数料が儲かるがユーザーにはそれほど得ではない
クーポンを掲載しているからである。
もっと、ひどいサイトでは、
サイト内でクーポンをクリックすると、
知らない間にスパイウェアをパソコンに
ダウンロードすることになる。
その結果、そのクーポンサイトは、
ユーザーの買い物から永久に手数料を掠め取ることになる。

クーポンサイトが乱立する理由は、
二つある。一つ目は、ITの進歩と低価格化により、
簡単にクーポンサイトを始められるようになったからである。
もう一つは、手数料を払ってでも、
クーポンを発行して集客したい企業が多いからである。

3)キーとなる英文
While deal-hunters have oodles of online coupons and 
promotions to choose from these days, finding the real
 discounts just keeps getting tougher.

4)キーとなる英文の和訳
バーゲンハンターにとって、今では多くのオンラインクーポンや
割引を選ぶことができる一方、本当の割引を探すことは、
ますます難しくなっている。

5)気になる単語・表現
oodle   名詞 多量、多数
promotion   名詞 販売促進

6)今日のヒント
クーポンは、見込客の集客のみならず、
うまく使えばリピーター獲得にも活用することができる。
ただ、今回の記事の想定読者は、バーゲンハンター。
記事を読めば、どのクーポンサイトを使えば、いかに得するかがわかる。

記事には、本当に得するクーポンサイトの特徴が記されている。
消費者にとっての重要な情報が何なのかを知ることできる。
筆者が本当に役立つクーポンサイトの特徴として挙げるのは、
1.使いやすい。
2.クーポンの種類が多い。
3.クーポンに記された日時が新しい。
4.利用範囲が広い。
の4点。

特に、3については重要で、期限のないクーポンは、
使えない確率が高いとして注意を促している。
クーポンの戻り(消費者がクーポンを使うこと)を考えても、
期限があるかないかで、使われる確率は変わってくる。
それは、期限があると早目に使おうと思うのに対し、
期限がなければ後で使おうとして忘れてしまうからである。
よって、クーポン発行の目的が、集客ならば、
期限を入れることが必須となる。

3以外の特徴も、忘れてはいけない。クーポンが使いにくく、
内容に魅力がなければ、使われず、集客の目的を果たせない。
割引は収益を圧迫するので、割引内容をケチる経営者もいるが、
ケチることによってクーポン発行すること自体が意味をなさなくなる。

この4つの特徴は、クーポンのみならずその他の販促キャンペーン、
ホームページにとっても重要である。
使いやすく、見やすく、内容が魅力的であり、
ついつい購入に至ってしまう。
このような特徴があってこそ、
集客や顧客化という目的が達成できる。

ちなみに、記事で紹介されている優良なクーポンサイトで
発行されているクーポンは、すべて大企業が発行しているもの。
そのような企業は、割引してでも集客さえすれば儲かる
ビジネスモデルを採用している。
同じことを中小企業がしても、
価格競争に陥ってしまう可能性は高い。
だから、要注意である。

***************************
《今回のヒントのまとめ》

1)アメリカでは、クーポンサイトが乱立しており、
本当にお得なクーポンを見つけることが難しくなっている。

2)優良なクーポンサイトの特徴は、
「使いやすい」「種類が多い」「期限が明記されている」
「利用範囲が広い」の4つである。

3)これらの特徴は、クーポンだけでなく、
その他販促・キャンペーン、ホームページにとっても重要である。
使いやすく、見やすく、魅力的であり、ついつい買ってしまう。
このような特徴があってこそ、集客や顧客化という目的を達成できる。

***************************

毎週火曜・土曜の18時にて、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)

6)おすすめ商品・サービス 

◎Winecarte 簡単ワインの選び方
一番新しい記事は、

ムートン・カデ・ルージュ2008(Mouton Cadet Rouge 2008)
http://wine.ryotarotakao.com/archives/797
です。
最近、ワインを勉強しています。
それをアウトプットする意味でも、ワインのサイトを始めました。
焦らず少しずつ作成する予定です。
http://wine.ryotarotakao.com/

編集後記
こんばんは、高尾です。
今回は、ロッテリアで執筆しています。
JAFカードをロッテリアで提示すると、
200円までのドリンクを100円で購入できます。
このため、ロッテリアがある街に行った時は、
利用頻度が高かったのですが、この割引が終了したようです。
今日、レジでJAFカードを提示すると、
絶品チーズバーガーセットのみに割引が適用され、
50円引きになると、指摘されました。
ロッテリアで食べることはほとんどないので、
ロッテリアの利用頻度は一気に落ちそうです。
この改悪によって、ロッテリアの集客にどの程度影響があるのかが、
気になるところです。

高尾亮太朗のfacebook⇒ http://www.facebook.com 
(アカウントは、ryotarotakaoです。)
高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ http://ryotarotakao.com
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

ご質問・ご相談・ご感想がございましたら、ご連絡ください。
⇒ tryotaro1975@aol.com

メルマガ相互紹介を希望されるメルマガ執筆者様は、ご連絡お願いします。

私もごく少ない部数の時に、
いろんなメルマガ執筆者様に助けていただきましたので、
今回は私が恩返しします!

メルマガ相互紹介に関する連絡先はこちら
⇒ tryotaro1975@aol.com

今日の反省などについては、このブログを
⇒ http://ameblo.jp/caferics/

メルマガ連動のブログサイトを作りましたので、
できればコメントお願いします。
http://wsj.jugem.jp/

当メルマガの情報については万全を期しておりますが、内容を保証するもの
ではありません。これらの情報によって生じた、いかなる損害についても、
補償はいたしかねますので、ご了承ください。

また、当メルマガでは広告も誌面の一部として、読者様に有効であると
思われるものを厳選しておりますが、内容については当方で責任を負える
ものではございません。ご配慮の上ご利用頂けます様お願い申し上げます。
| 高尾亮太朗 | マーケティング | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【434号】練り歯磨きを煩わしく思う消費者。その本当の理由とは?
 

Crest and Oral-B "4X Cleaner Crusdae"



◎本日のニュース
1)見出し 
Whitens, Brightens and Confuses

出典

http://goo.gl/azLB7


2)要約

練り歯磨きは、その種類が豊富な一方で、
消費者にとってはその種類の多さが煩わしさとなっている。

1960年のクレストの成功以来、練り歯磨きメーカーは、

効用や成分にこだわり、多種多様な商品を発売してきた。

また、90%以上のアメリカ人に練り歯磨きが普及したので、

新たに顧客を獲得することが難しくなり、
各社は単価の高い商品を発売することにより、
売上増を目指すことになった。

小売店側は、ブランドロイヤリティが高いという

練り歯磨きの特性のために、
売上の小さなブランドの商品も棚に置かざるを得なくなり、
棚に並ぶ商品の種類は多くなった。

これらの結果、発売される練り歯磨きの種類と

棚に並ぶ種類が膨大となり、消費者は商品選択しにくくなった。

この事態に対し、メーカー・小売店双方は、

発売する銘柄数・販売する銘柄数
を減らしている。

3)キーとなる英文

There's so much variety now that it has gotten a
little daunting for shoppers .

4)キーとなる英文の和訳

現在では、数多くの種類が販売されているので、
買い物客は、その種類の多さを少し煩わしい
と感じるようになった。

5)気になる単語・表現

daunting        形容詞     人の気力をくじく、きつい

6)今日のヒント

消費者が練り歯磨き選びを面倒だと感じる直接の原因は、
小売店の売り場に数多くの商品が並び、
どれを選んだらいいのかわからないことにある。
だから、選び易くすれば、この問題は解決できる。

それを銘柄削減と見て、メーカーや小売店は、

新発売する商品数や売り場に並べる銘柄数を
減らす努力をしている。

一方で、練り歯磨きはブランドロイヤリティの

高いカテゴリーなので、売上の小さなブランドでも
売り場に置かざるを得ない。
それは、そのブランドが売っていなければ、
そのブランドを欲しい消費者は他のお店に行って、
そのお店で練り歯磨き以外の商品も買うからである。
練り歯磨きだけの売上減では済まず、
その顧客がもたらす売上全体を失うことになるので、
小売店はその売上の小さなブランドの練り歯磨きを販売し続ける。
その結果、売り場で販売される銘柄数はなかなか減らず、
消費者の選びにくい環境は改善しない。

ならば、買い物客が選び易い売り場を作ってはどうだろうか。

そのヒントは、記事に書かれてある。
小売店ではないが、練り歯磨きの大手メーカーの
コルゲート・パルモリブ社は、
今年、消費者がより識別しやすいパッケージに変更している。
具体的には、コルゲートブランドやサブブランド、
フレーバー、効用の表示サイズを標準化した。
これにより、パッケージを並べて、商品を比較することができる。
同じようなことが、小売店の売り場に求められていると、
この記事から読み取れる。

小売店だけではなく、

商品パッケージにも同じことが言えよう。
売り場に並ぶ銘柄数が多い一方で、
練り歯磨きの入る箱の大きさや形、
陳列方法はよく似ている。
だから、パッケージで差別化することが難しいとされている。
これでは、新しい顧客を獲得するどころか、
トライアルしてもらった顧客にリピートしてもらえないかもしれな

い。
パッケージの見た目だけでなく、
パッケージに記載される内容も差別化する必要があるだろう。

このように、小売店・メーカー双方とも、

その売り方・商品を通じて、
買い物客にどのようにコミュニケーションを図るかが、
問われているように思われる。
銘柄数を削減するにしても、
販売されなくなる商品を使っていた顧客を別の商品に
シフトさせるコミュニケーションが、必要になるだろう。

***************************

《今回のヒントのまとめ》                                       

1)練り歯磨きは、その種類が多いゆえに、

消費者にとって買うのが煩わしい商品と
なっている。

2)この大きな要因は、練り歯磨きの持つ

ブランドロイヤリティの強さにある。
そのため、メーカーや小売店は、
売上の小さな商品の販売をなかなか止められず、
種類が多いという環境は変わらない。

3)ならば、買いやすい環境を提供すれば、

いいのではないか。
小売店は、選び易い売り場を作り、
メーカーは見た目・中身で差別化する必要がある。
顧客コミュニケーションの強化である。

4)銘柄削減の動きは、メーカー・小売にも進んでいるが、

減らすにしても、無くす商品から別の商品にシフトするためには、
顧客とのコミュニケーションが必要になるだろう。

***************************




6)おすすめ商品・サービス 


Winecarte 簡単ワインの選び方

一番新しい記事は、
アルゼンチン、追加しました。
http://wine.ryotarotakao.com/country/argentine

です。
最近、ワインを勉強しています。
それをアウトプットする意味でも、ワインのサイトを始めました。
焦らず少しずつ作成する予定です。
http://wine.ryotarotakao.com/


編集後記

こんばんは、高尾です。
昨日、免許の更新を済ませました。
2008年に事故や違反があったため、
2時間講習を受けることに。
最近は運転する機会も減った
(実際は極力減らしている)のですが、
運転していると危険がいろんな場所に潜んでいます。
(特に死角)
これから3年間は、引き続き安全運転で行きたいと思います。
(ただ、できるだけ公共交通機関を使う予定。)

高尾亮太朗のfacebook⇒ 
http://www.facebook.com
(アカウントは、ryotarotakaoです。)
高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ http://ryotarotakao.com
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

ご質問・ご相談・ご感想がございましたら、ご連絡ください。

⇒ tryotaro1975@aol.com

メルマガ相互紹介を希望されるメルマガ執筆者様は、ご連絡お願いします。


私もごく少ない部数の時に、

いろんなメルマガ執筆者様に助けていただきましたので、
今回は私が恩返しします!

メルマガ相互紹介に関する連絡先はこちら

⇒ tryotaro1975@aol.com

今日の反省などについては、このブログを

⇒ http://ameblo.jp/caferics/

メルマガ連動のブログサイトを作りましたので、

できればコメントお願いします。
http://wsj.jugem.jp/


当メルマガの情報については万全を期しておりますが、内容を保証するもの

ではありません。これらの情報によって生じた、いかなる損害についても、
補償はいたしかねますので、ご了承ください。

また、当メルマガでは広告も誌面の一部として、読者様に有効であると

思われるものを厳選しておりますが、内容については当方で責任を負える
ものではございません。ご配慮の上ご利用頂けます様お願い申し上げます。
| 高尾亮太朗 | マーケティング | 12:58 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
【420号】ハワイアンパンチ、景気回復という外部環境の変化に危機感。
 

◎本日のニュース

1)見出し 

Hawaiian Punch Makes Over Drink, Mascot


For Theme-Parties ONLY



2)要約
ドクターペッパースナップルグループ社
は、
清涼飲料水のハワイアンパンチ
マーケティングを強化している。

まず、ハワイアンパンチのマスコットを、

コンピューターグラフィックを使った
3Dのキャラクターに変更している。
すでにパッケージではこの新キャラクターを使用しており、
2月から始まるネットプロモーションにも活用する予定である。

また、消費者のヘルシー志向に対応するため、

カロリーを約25%カットし、パッケージに表示している。
ただ、従来品と飲み比べてもわからないよう味への配慮も
怠っていない。

さらに、10オンスボトルの6個パックという

新しい規格商品の販売を予定している。
これまでは1個ずつ販売しており、
利益率は低下するが売上金額・数量のアップを
目指している。

このようにハワイアンパンチのマーケティングを強化する背景には


景気の回復がある。
景気後退期には、ハワイアンパンチの高いコストパフォーマンスから
子供や家族に支持を広げた。
しかし、景気回復によってより高い他ブランドの飲料に消費者が
スイッチする恐れがある。
そのため、マスコットや品質・規格の変更によって、
顧客の囲い込み・拡大を目指している。

また、依然縮小する炭酸飲料市場とは対照的に、

非炭酸の清涼飲料水市場が拡大していることも
マーケティング強化の要因である。
非炭酸のハワイアンパンチの販売を強化することによって、
非炭酸の清涼飲料市場でのシェア拡大を目指している。

3)キーとなる英文

The success has put pressure on the company to
keep expanding the brand, its third-largest by volume,
especially as consumers may "trade-up" to
more-expensive drinks with an improving economy.

4)キーとなる英文の和訳

特に、消費者が、景気回復するにつれてより
高価格帯の飲み物に格上げするかもしれないので、
景気後退期での成功体験は、その企業に、
物量ベースで3番目に大きなブランドのシェア拡大を
余儀なくさせている。

5)気になる単語・表現

なし

6)今日のヒント

景気回復というと、企業にとっては
ありがたいことのようであるが、そうとも限らない。
というのは、景気後退期に、価格訴求品を製造・販売する企業は、
高価格帯の商品を製造・販売する企業から
顧客を奪ってきたからである。
景気が回復すると、この反動が起こるので、
価格訴求品の製造・販売する企業にとっては、
景気回復がプラスになるとは限らない。
既存店の売上金額・客単価・客数の減少に悩むユニクロが、
この好例である。

ハワイアンパンチも、ユニクロ同様、そのお得感から

景気後退期にシェアを拡大した。記事によると、
1ガロン(≒3.8リットル)が2〜2.49ドル(≒170〜225円)で
販売されているので、日本で販売される2リットルの
格安ミネラルウォーターと同程度の値頃感がある。
かなり安い。

景気後退期にハワイアンパンチを飲みだした顧客が、

景気が回復するにつれてこれまで飲んでいた飲料に
戻るのではないか、というのがドクタペッパースナップルグループ社
(ドクタペッパー社)の抱く懸念である。
この外部環境の変化に対応するために、
ハワイアンパンチのマーケティングを強化している。

また、ハワイアンパンチの属する非炭酸の清涼飲料市場が

拡大傾向にあることも、ドクタペッパー社がハワイアンパンチに
注力する大きな要因である。市場動向も外部環境の一つである。

このように、ドクタペッパー社は、外部環境の変化に対応して、

自社の商品戦略を変化させた。
その結果が、ハワイアンパンチの販売強化である。
より顧客ニーズを満たすために、
ブランド(3Dマスコット)・規格(6個パック)・品質(カロリーカット)を
改善している。

景気回復期は、売上・利益を拡大しやすいと感じるが、

実際はそうではない。景気の変動によって外部環境が
どのように変化するかを予測し、
その変化に対応するために商品戦略・販売戦略などを変えてこそ、
売上・利益の拡大につながる。環境への適応こそが、重要である。

***************************

《今回のヒントのまとめ》                                            
▼ドクタペッパー社は、ハワイアンパンチの
マーケティングを強化している。

▼その理由は、景気回復によって景気後退期に

ハワイアンパンチを飲んでいた顧客を失うかもしれないからである。

▼また、ハワイアンパンチが属する非炭酸の

清涼飲料市場が、拡大傾向にあることも大きな要因である。

▼景気や市場の動向は外部環境であり、

外部環境の変化に対応して販売戦略などを変えることが、
売上・利益の拡大につながる。
必ずしも、景気回復により商品が売りやすくなるというわけではない。
環境への適応こそが、売上・利益の拡大につながる。
***************************

6)おすすめ商品・サービス 


◎インフォ麺ション⇒ 訪問人数13人↑

麺の口コミ・情報サイトです。
最新の掲載商品は、
4901810394999 イオン トップバリュとんこつラーメン95g

です。

インフォ麺ション
⇒ http://blog.livedoor.jp/informention
※       新規事業を始めるにあたり、このサイトをどのように行うか
近いうちに決めなければなりません。

編集後記

こんばんは、高尾です。
最近、自宅(兼事務所)で仕事をしている時に、
暖房を付けることが多くなりました。
年内はできるだけ厚着で対応しようと頑張っていたのですが、
クリスマスが終わったあたりから我慢できずにエ
アコンのスイッチを入れています。
エアコンを使うと電気代が大きく跳ね上がるので、
注意が必要。
リーマンショック後に湯たんぽが流行った(今も定着している)のが、
納得できます。
今度ホームセンターに行った時に、
探してみようと思います。
安くなっていることを祈願。

高尾亮太朗のfacebook⇒ 
http://www.facebook.com
(アカウントは、ryotarotakaoです。)
高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ http://ryotarotakao.com
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

ご質問・ご相談・ご感想がございましたら、ご連絡ください。

⇒ tryotaro1975@aol.com

メルマガ相互紹介を希望されるメルマガ執筆者様は、ご連絡お願いします。


私もごく少ない部数の時に、

いろんなメルマガ執筆者様に助けていただきましたので、
今回は私が恩返しします!

メルマガ相互紹介に関する連絡先はこちら

⇒ tryotaro1975@aol.com

今日の反省などについては、このブログを

⇒ http://ameblo.jp/caferics/

メルマガ連動のブログサイトを作りましたので、

できればコメントお願いします。
http://wsj.jugem.jp/


当メルマガの情報については万全を期しておりますが、内容を保証するもの

ではありません。これらの情報によって生じた、いかなる損害についても、
補償はいたしかねますので、ご了承ください。

また、当メルマガでは広告も誌面の一部として、読者様に有効であると

思われるものを厳選しておりますが、内容については当方で責任を負える
ものではございません。ご配慮の上ご利用頂けます様お願い申し上げます。
| 高尾亮太朗 | マーケティング | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【413号】グルーポンCEO,利他的なサービスは社会を変えられない。
 

◎本日のニュース

1)見出し 

Groupon's $6 Billion Gambler


Bolsas Grouponeras!




2)要約

クーポン共同購入の元祖であり最大手のグルーポンは、
規模や業績を拡大するとともに、
サービス内容の刷新を進めている。

グルーポンがクーポン共同購入サービスを始めた背後には、

ネット通販がモノの買い方を変えたように、
地元にある店舗での買い方も変えたいという考えがある。
店舗経営者は、お店の認知を高めるためにこれまで
新聞やラジオ・ネットなどに広告を出していた。
しかし、この方法は、支払が先に発生し、
広告を見て欲しい人に見てもらえないかもしれないという
問題を抱えていた。
グルーポンは、掲載料を無料にし、
興味のある人が特別クーポンを見て、
クーポン購入者が一定の人数に達した時のみ
広告料が発生するという方法で、
この問題を解決した。
そのビジネスモデルは、店舗経営者を魅了し、
多くの掲載希望が寄せられている。
その結果、グルーポンは大きく成長し、
CEOのメイソン氏はフォーブスの表紙を飾るまでに
至っている。

しかし、このグルーポンに死角がないわけではない。

まず、その参入障壁の低さから、
類似サービスが激増している。
グルーポン自体は、最近アマゾンに買収された
リビングソーシャルだけを競合とみなしているが、
今後新たに現れる企業との競争に破れて、
グルーポンは廃れるかもしれない。
また、グルーポンのサービス開始時期が、
新たなネットバブルの最中にあたるかもしれないという指摘もある

アナリストの中には、ツイッターなどのソーシャルネットサービスが
過大評価されているという意見もある。

これらの死角を排除するためか、

グルーポンはサービスを刷新させている。
例えば、カスタマーサービスを充実させ、
返品保証や24時間電話対応を実施している。
また、単に店舗が決めたクーポンを掲載するのではなく、
クーポン内容の相談を受けたり、提案を行ったりして、
店舗へのコンサルテイングも実施している。
さらに、グルーポンストアを始め、
契約店舗が自由にクーポンを発行できる新サービスを行っている。

3)キーとなる英文

What we're trying to do is fundamentally change
the way that people buy from local businesses
in the same way that e-commerce has changed
the way that people buy products.

4)キーとなる英文の和訳

我々が行おうとしていることは、
Eコマースがモノの購入方法を変えたのと同じように、
地元企業からの購入方法を根本的に変えることである。

5)気になる単語・表現

なし



6)今日のヒント

グルーポンについては、割引で動く消費者しか集客できない
などと批判的な意見もあるが、確実な集客を見込める点では、
店舗経営者には大変うれしいサービスだろう。

特に新規にオープンしたお店では、

その認知を広め、まずはお店の良さを知ってもらうことが
大変重要になる。
また、お客さんの入ってないお店にはなかなか入りにくいので、
無料プレゼントを提供してででもまずは集客する必要がある。
だから、折り込み広告やフリーペーパーなどに広告を乗せるのであるが、
その集客効果があってもなくても、広告費は必ず発生する。
ある意味ギャンブルに近い。

この効果が不確定な広告の欠点を解決する方法として、

グルーポンはクーポン共同購入というサービスを提供している。
クーポンが売れた場合のみ費用は発生するということは、
クーポンが売れて費用を払えば必ず集客できるということを意味し、
新規開店のお店の悩みを解決することになる。

一方、このビジネスアイデアは、意外なところから生まれている。

メイソンCEOは、グルーポンを始める前に、
ThePoing.org(以後「ポイント」と呼ぶ)というサービスを開発している。
このサービスとは、
1)抗議活動や資金調達活動などの各種活動を計画する。
2)一定の人の賛同が集まれば、この計画を実行する。
というもの。2)の仕組みから、
グルーポンのサービスが生まれたと言える。
ポイントは、結局サービス開始までに至らなかった。
このサービスの開発からメイソン氏は以下のことを学んだ。
1)成功するサイト・サービスは、シンプルで使いやすくなければならない。
2)利他的な目的で存在するサイトや商品が成功した例は、ほとんどない。
ポイントの敗因を、その対象とするサービスの範囲がとても広く、
またサービス内容が抽象的であった、と考えたようだ。

おもしろいのは、2)。世界を変えるようなサービスを生み出した創業者は、

社会をよりよくするために開発したと述べることが多い。
しかし、実際の創業経緯を見てみると、
自分が望んだサービスが存在してなかったから作ったという、
利己的な理由によるものが実に多い。その真偽は確かではないが、
フェースブック・フリッカー・ユーチューブ・ツイッターは、
利己的な理由で生まれたという。
「社会を変えたい」という大きな野望を持つことは、大変重要なことであるが、
利己的な目的がないとサービスを開発・改善するモチベーションを
保てないといことなのだろうか。大変興味深い。

日本でもグルーポンと同様のサービスは、筍のように激増している。

そのためか、その仕組みやクーポン内容に対する消費社の驚きが薄れ、
辟易する人もいることだろう。また、クーポン共同購入を行った店舗の中で、
クーポン利用者がリピーターにならないという意見もある。
店舗とそのターゲットをより効率的に結びつける新たな仕組みが、
必要に思える。

***************************

《今回のヒントのまとめ》                                            
▼グルーポンが提供するクーポン共同購入サービスは、
集客のための広告の課題を解決したサービスと言える。
費用を払えば確実に集客できるという点は、店舗経営者
(特に新規オープンの場合)にとって、大変ありたがいだろう。

▼一方、グルーポンのこのアイデアは、

当初クーポンではなく各種活動を対象にしたものであった。
しかし、このアイデアは、対象範囲が広すぎ、
抽象的すぎるという理由でサービス開始に至らなかった。

▼グルーポンのメイソンCEOは、この経験から、

「成功するサイト・サービスは、シンプルで使いやすくなければならない。」
「利他的な目的で存在するサイトや商品が成功した例は、ほとんどない。」
という教訓を得た。特に、後者の教訓は興味深く、
社会を変えるサービスは、
まずは利己的な理由から始められている場合がほとんどで、
この教訓から大幅な割引クーポンという発想を得たのだろう。

▼グルーポンやそのクローンサービスについては、

消費者側・店舗側から賛否両論があるが、
消費者と店舗をより効率的に結びつける仕組みが今後望まれるだろう。

***************************


6)おすすめ商品・サービス 


◎インフォ麺ション⇒ 訪問人数27人↑

麺の口コミ・情報サイトです。
最新の掲載商品は、
4901071236205 エースコック スーパーカップ1.5倍 熟成味噌ラーメン137g

です。

インフォ麺ション
⇒ http://blog.livedoor.jp/informention
※       新規事業を始めるにあたり、このサイトをどのように行うか
近いうちに決めなければなりません。

編集後記

こんばんは、高尾です。
年賀状を書く時期になりました。
当初は、個人的な理由から年賀状を出さずに、
寒中見舞いを送る予定でいました。
しかしながら、年賀状は普段会っていない人と連絡を取り合う大変貴重な機会なので、
逃すのはもったいないので、今年も送ることに。
デザイン・内容はシンプルにまとめる予定です。
それにしても、今年はあまり人と交われなかった一年だったので、
少し反省しています。
※この記事はお昼頃に書いています。

高尾亮太朗のfacebook⇒ 
http://www.facebook.com
(アカウントは、ryotarotakaoです。)
高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ http://ryotarotakao.com
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

ご質問・ご相談・ご感想がございましたら、ご連絡ください。

⇒ tryotaro1975@aol.com

メルマガ相互紹介を希望されるメルマガ執筆者様は、ご連絡お願いします。


私もごく少ない部数の時に、

いろんなメルマガ執筆者様に助けていただきましたので、
今回は私が恩返しします!

メルマガ相互紹介に関する連絡先はこちら

⇒ tryotaro1975@aol.com

今日の反省などについては、このブログを

⇒ http://ameblo.jp/caferics/

メルマガ連動のブログサイトを作りましたので、

できればコメントお願いします。
http://wsj.jugem.jp/


当メルマガの情報については万全を期しておりますが、内容を保証するもの

ではありません。これらの情報によって生じた、いかなる損害についても、
補償はいたしかねますので、ご了承ください。

また、当メルマガでは広告も誌面の一部として、読者様に有効であると

思われるものを厳選しておりますが、内容については当方で責任を負える
ものではございません。ご配慮の上ご利用頂けます様お願い申し上げます。
| 高尾亮太朗 | マーケティング | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【395号】マックリブ、希少性とソーシャルが熱狂的な消費を生み出す。
 

◎本日のニュース

1)見出し 


Bona Fide Fans Chase Rib-Free Rib Sandwich


MacRib Confirmed!



2)要約
アメリカのマクドナルドでは、マックリブという

リブのカタチにした豚肉のパティを挟んだ
サンドイッチがメニューにある。しかし、このメニューは、
店舗限定・期間限定で販売されるという。
しかも、店舗・期間とも発表されない。

このように、マックリブはなかなか見つけられないので、

熱狂的なファンを生み出し、少々販売店舗が遠くてもわざわざ
買いに行くほどである。

この希少性ゆえに、
マックリブロケーターといウェブサービスが、
有志により提供されている。このサービスによって、
食べたい人はどこで売られているかを調べられ、
逆に食べた人はどこでいつ食べたかを報告できる。

マクドナルド社は、今年11月2日より16年ぶりに全米の店舗で

マックリブを発売する予定である。ただし、
長くても6週間だけの限定販売。マクドナルド社の広報によると、
期間を長くすると消費者がマックリブに飽きるので、
期間を6週間ほどに限定するという。

3)キーとなる英文

Instead, the Oak Brook, Ill., company offers them in different
cities at different times, rarely for longer than a few weeks.

4)キーとなる英文の和訳

その代わり、イリノイ州オークブルックにあるマクドナルドは、
いろんな町でいろんな時に、マックリブを提供している。
しかも、数週間以上に渡ることはほとんどない。

5)気になる単語・表現

なし

6)今日のヒント

今回のメルマガを見ると、「マックリブはどれだけ美味しいものなのか?」
という感想を持った読者もいるかもしれない。しかし、記事によると、
このサンドイッチの好みは両極端に分かれるようである。「ひどい賜物」
と酷評している人もいるほど。だから、マックリブが美味しいから
熱狂的なファンを獲得できたということでは、決してない。

マックリブの熱狂ぶりは、販売場所・期間を共有する

ウェブサービスだけでなく、フェースブックには300近くの
関連グループ
が出来ているほどすさまじい。ポークを使ったサンドイッチは、
他のチェーンにもあるにもかかわらず、これほどまでに熱烈なファンを
獲得できたのは、まさにその希少性にあると言える。

希少性があれば、それほど欲しくなくてもついつい買ってしまう。

「10月31日までの特別価格」「お一人様2つ限り」などの限定フレーズを
よく目にするのは、人間が希少性のあるモノやコトに弱い点を突いている。
しかも、数が少ないモノを買ったとなれば、その消費行動は特別な出来事に
なるので、ついつい家族や友達に話したくなる。話のネタになるという
新たなベネフィットが生まれる結果、購買障壁が低くなり、
実際の購買につながる。さらに、マックリブロケーターやフェースブックなどの
ソーシャルメディアによって、買いたい人に「いつどこに売っているか」
という情報を伝えることができる。この結果、マックリブファンのお役に立ち、
同じファンとつながることが可能になる。

このように希少性のあるモノやコトを購入すれば、その本来持っている効用

(マックリブの場合は、その味。)の享受できるだけでなく、
話のネタにすることができ、さらに人とつながることができる。
消費を喚起するといえば、ついつい値下げばかりが頭に浮かんでしまうが、
この希少性を追求するのも効果のある戦略である。

***************************

《今回のヒントのまとめ》                                            
▼味だけで言えば賛否両論のマックリブに熱狂的なファンがいるのは、
販売店舗や販売期間が限定され、公表されていないというその希少性に理由はある。

▼希少性のあるモノやコトは、それを購入したこと自体が話のネタになり、

さらに、ソーシャルメディアに通じて、人とつながることができる。

▼このように考えると、希少性を追求することは、そのモノやコトにある

本来のベネフィットに加えて、話のネタやつながりを提供することができるので、
消費喚起の効果ある戦略と言えるだろう。
***************************

6)おすすめ商品・サービス 


◎インフォ麺ション⇒昨日訪問者は14名。↑

麺の口コミ・情報サイトです。
最新の掲載商品は、
4902110347692 日清フーズ 青の洞窟 豚ひき肉と3種のハーブ アンチョビ仕立て56g
です。

インフォ麺ション
⇒ http://blog.livedoor.jp/informention
※新規事業を始めるにあたり、このサイトをどのように行うか
近いうちに決めなければなりません。

7)重要告知

ホーチミン食品商談会の商材は、続々と集まっておりますが、
まだまだ募集しています。
常温保存できる加工食品で、できれば兵庫県産がいいですね。
無料で提案・事後報告をしますので、食品メーカーさんのご連絡お待ちしております。
(商談時間に限りがありますので、時間を掛けた提案はできない可能性があります。)
また、有料でカテゴリー全体の調査も募集しています。
一件あたり5,000円から。(調査時間により金額が変わりますが、
金額は渡航前に決定いたします。)
報告書を発行しますが、内容にご不満の場合は全額返金予定です。
お問合せはこちら→ http://ryotarotakao.com/2010hochimin-trade/




編集後記

こんにちは、高尾です。
前からトラブルが発生していたパソコンの原因がわかりました。
なんと、マザーボードの部品が劣化していることで、
突然の電源OFF⇒再起動という症状が起こるようなのです。
昨日、近くのパソコン修理サービスで見てもらって判明しました。
念のため、別のサービスでもセカンドオピニオンをいただいてから、
購入するか修理するか決めようと思います。
ただ、修理となると、ソニーに任せなければならず、
2万円ほどかかるようです。
2万円なら、中古パソコンが充分買えます。
今日中には、修理に出すか購入するか(中古か新品か)を決めます。
一難去って、また一難。

ホーチミン食品商談会・提案商品募集への応募はこちら

⇒ http://ryotarotakao.com/2010hochimin-trade/
高尾亮太朗のfacebook⇒ http://www.facebook.com

(アカウントは、ryotarotakaoです。)
高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ http://ryotarotakao.com
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

ご質問・ご相談・ご感想がございましたら、ご連絡ください。

⇒ tryotaro1975@aol.com

メルマガ相互紹介を希望されるメルマガ執筆者様は、ご連絡お願いします。


私もごく少ない部数の時に、

いろんなメルマガ執筆者様に助けていただきましたので、
今回は私が恩返しします!

メルマガ相互紹介に関する連絡先はこちら

⇒ tryotaro1975@aol.com

今日の反省などについては、このブログを

⇒ http://ameblo.jp/caferics/

メルマガ連動のブログサイトを作りましたので、

できればコメントお願いします。
http://wsj.jugem.jp/


当メルマガの情報については万全を期しておりますが、内容を保証するもの

ではありません。これらの情報によって生じた、いかなる損害についても、
補償はいたしかねますので、ご了承ください。

また、当メルマガでは広告も誌面の一部として、読者様に有効であると

思われるものを厳選しておりますが、内容については当方で責任を負える
ものではございません。ご配慮の上ご利用頂けます様お願い申し上げます。

| 高尾亮太朗 | マーケティング | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
+ 広告
+ 執筆者プロフィール
高尾亮太朗

1975年兵庫県姫路市生まれ。白鳥小学校・淳心学院・駿台予備学校神戸校・早稲田大学政治経済学部に進む。大学進学時に政治家を志し、早大鵬志会に入会。・・・続き
+ twitter+ryotarotakao.com

高尾亮太朗公式サイト

+ パートナーサイト
+ メルマガ無料配信中!
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 【682号】米スーパー最大手・クローガーのハイロー戦略を単純に真似してはならない。
    常盤 (07/25)
  • 【647号】米玩具メーカー・クネックスブランズ、国内製造への回帰で直面した意外な課題とは?
    高尾 亮太朗 (03/25)
  • 【647号】米玩具メーカー・クネックスブランズ、国内製造への回帰で直面した意外な課題とは?
    mama (03/22)
  • 【434号】練り歯磨きを煩わしく思う消費者。その本当の理由とは?
    Ryotaro Takao (03/13)
  • 【434号】練り歯磨きを煩わしく思う消費者。その本当の理由とは?
    KI (03/13)
  • 【419号】赤がブームのニューヨークレストラン業界とランチェスター戦略
    高尾 亮太朗 (01/11)
  • 【419号】赤がブームのニューヨークレストラン業界とランチェスター戦略
    berry (01/10)
  • 【297号】高級百貨店チェーンサックス、ネットのプライベートセールを開始。
    あろえ (09/08)
  • 【321号】ドキュメンタリー番組には落とし穴がある。
    野呂エイシロウ (01/26)
  • テレビCMもグーグルが影響?
    イーモ (12/24)
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ パートナーサイト
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS