英語新聞ウォールストリートジャーナル(WSJ)から見た起業・ビジネスのヒント

英語がわからなくても最新アメリカビジネス事情を知りたい人、集まれ!
グローバルビジネスマンなら必読の英語新聞「THE WALL STREET JOURNAL(ウォールストリートジャーナル)」。ウォールストリート・ジャーナル研究家の高尾亮太朗が、最新の記事を解説し、起業・ビジネスのヒントを提供いたします。

<< 【677号】レストラン集客ツールとしてのインスタグラム、そのメリット・デメリットとは? | main | 【679号】QE3縮小時こそ”安全”バブルにご注意を >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
【678号】グローバルビールブランドがIT活用に躍起になる理由とは?
 

ハイネケンの広告

suanie


◎本日のニュース

1)見出し
Brewers Power Up Technology for 'Smart' Beers

【出典】
http://goo.gl/hbFbP


毎週火曜・土曜の18時、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)



2)要約
消費者がスピリッツやワインへの支出を増やす中、
欧米ビール市場は縮小を余儀なくされている。
そこで、力を注ぐのがインターネットや
ソーシャルメディアなどのIT活用である。

ITを積極的に活用するのは、
他ブランドと差別化するため。
IT活用により、ブランドイメージが変われば、
中身が一緒でも消費者の評価は良くなる。
また、もともとビールが持つ人間関係の潤滑油としての性質
に注目すれば、ビールとソーシャル技術との相性は良く、
大きな効果が期待できる。

主要市場である欧米でビール市場が縮小する中、
グローバルビールメーカーは利益率の向上を目指している。
そこで力を入れるのが、
ブランドのプレミアム化とIT活用である。
ただし、IT活用によるコスト増を価格転嫁できなければ、
逆に利益率を損なう恐れがある。

◎キーセンテンスとその翻訳
3)キーとなる英文
With demand falling in the West's biggest beer-drinking markets,
 where mainstream sales have been stung
by a consumer shift to spirits and wine,
 brewers are changing up the game by plowing money
into research and development.

4)キーとなる英文の和訳
欧米の最大ビール市場では、需要が減少している。
それは、主要売上が、

消費者のスピリッツやワインへのシフトにより、
悪影響を受けているからである。
そこで、ビールメーカーは、商品開発への投資を増やすことで
現況を変えようとしている。

5)気になる単語・表現
sting他動詞〜を傷つける;〜をひりひりさせる、〜
に痛みを与える
plow A into B他動詞句AをBに投資する

◎記事から読み取った今日のヒント
6)ビジネスのヒント
グローバルビールメーカーが、
IT活用に力を注いでいるようです。
その背景には、欧米ビール市場の縮小があります。
記事では、以下のデータが取り上げられています。

【欧米ビール市場の縮小データ】
アメリカのビール市場:2.5%縮小
ドイツのビール市場:2.3%縮小

アメリカとドイツは、欧米の2大ビール市場。
最大の市場でパイが縮小していること
は、ビールメーカーの売上に大きく響くことになります。
数量が伸びない中で収益拡大を目指すならば、
単価・利益率の向上しか方法はありません。
そこで、単価・利益率向上のために注目したのが、
IT活用。その理屈は、次の通り。

【利益率向上とIT活用の関係】
IT活用→ブランドイメージが向上する
→値下げせずに売れるようになる→単価・利益率の向上

ブランドイメージが向上すれば、
極端な話中身が全く同じでも、評価は高まります。
そのため、
少々値段が高くても買ってもらえる確率は高まるのです。
その結果、単価・利益率は向上します。

記事で紹介されている各社のIT活用をまとめると、
次のようになります。

【IT活用に力を注ぐビールブランド】
◯ハイネケン(Heineken NV)社のハイネケン
→光る特別ボトル“イグナイト(Ignite)”
を音楽イベントに提供。
ボトルを飲むとストロボが光ったり、
他のボトルと乾杯すると光ったり、
音楽が鳴るとフラッシュが光る。
モーションセンサーの付いた回路基板と
プロセッサー・ワイヤレスレシーバーにより可能になる。

◯アンハイザー・ブッシュ・インベブ社
(Anheuser-Busch InBev)のバドワイザー(Budweiser)
→特殊グラス“バディーカップ(Buddy Cup)”を提供。
バドワイザーのスマホアプリでグラスのコードをスキャンすれば、
グラスとフェースブックIDがリンクする。
バンプセンサーにより、
バディーカップで乾杯すれば友達依頼ができる。

ビールメーカーがITに注目するのは、
つながった製品(connected products)が
ブランドやメーカーに大きなインパクトを与えると、
他の業界で証明されているからです。
例えば、ナイキプラス(Nike+)。ナイキプラスを使えば、
スポーツをすることで友人とつながることができます。
ソーシャル機能を付け加えることで、
ブランドへのロイヤリティが高まるので、
売上増が期待できます。

ただ、IT活用に力を入れるのは、
ビールメーカーだけではありません。
ビールから市場を奪うスピリッツなどの酒類メーカーも、
ITを積極的に活用しています。事例は、以下の通りです。

【ビール以外の酒類メーカーによるIT活用事例】
◯ペルノ・リカール社(Pernod Ricard SA)の
バランタイン(Ballantineウィスキー)
→ネットとつながったTシャツを開発。
オンライン上の活動内容をTシャツに映し出す。

◯ディアジオ社(Diageo PLC)
→スコッチと一緒に、
自分で作った動画メッセージを友人に贈れるサービス
を提供。スマホアプリでボトルのコードをスキャンすれば、
貰った人は動画を見られる。

しかしながら、ビールの持つ人間関係の潤滑油としての性質
に注目すれば、ビールとソーシャル技術との相性は、
ウィスキーやスピリッツなど他の酒類よりも高いと言えるでしょう

逆に言えば、これまでのマーケティングは、
消費者の期待を見誤っていたとも捉えることができます。
品質向上にばかり力を注いできましたが、
消費者が求めるのはソーシャル機能。このギャップが、
ビールへの失望を生み出し、より飲みやすいスピリッツや
ワインへのシフトを加速させたのかもしれません。

一方で、IT活用によるコスト増を懸念する声もあります。
コスト増を価格転嫁できなければ、
逆に利益率が悪化するからです。
実際、ハイネケンの“イグナイト”
ボトルはイベント専用ボトルであり、
普段のハイネケンでは体験できません。しかし、
この懸念について、ビールメーカーは楽観視しているようです。
それは、IT活用により機能が付加されば、
ブランドの価値も向上し、
消費者は高まった価値にお金を払うようになるから。
つまり、値下げせずとも売れることを、期待しているのです。

グローバルビールメーカーが行う利益向上策には、
ブランドのプレミアム化があります。例えば、
バドライトプラチナ(Bud Light Platinum)はバドライトのプレミアム版。
プラミアム化を進めることで、単価・利益率が高まります。
プレミアム化が、プレミアム版という新製品の導入とすれば、
IT活用は新製品導入を伴わないプレミアム化とも言えます。
IT活用に躍起になるのは、
当たるか当たらないかわからない新製品
に頼るのではなく、より成功確率の高いプレミアム化と
捉えることもできるでしょう。
結局、プレミアム化の成功確率を高めるために、
ITに注目しているのかもしれません。

Heineken Ignite bottle http://goo.gl/jItCl
Budweiser Buddy Cup(YouTube) http://goo.gl/H2RPL
Nike+ http://goo.gl/tIBXz
Ballantine T-shirt(YouTube) http://goo.gl/zD2mE
Diageo message bottle http://goo.gl/hOrjp
Bud Light Platinum http://goo.gl/jZxIa

***************************
《今回のヒントのまとめ》
1)欧米ビール市場が縮小する中、グローバルビールメーカーは、
収益拡大のために単価・利益率向上を目指している。
その一つの策が、IT活用である。

2)IT活用によりブランドイメージが向上すれば、
値下げせずとも売れるようになる。
この結果、単価・利益率が向上するからである。

3)また、ビールのソーシャル機能に注目すれば、
他の酒類よりもソーシャル技術と相性がよく、
IT活用が成功する確率が高まる。

4)その他単価・利益率向上のために、
ブランドのプレミアム化を進めている。

5)ただし、ブランドのプレミアム化には、
失敗確率の高い新製品の導入が必要とされる。
一方、IT活用は新製品を必要としないので、
より成功確率の高いプレミアム化と言えるだろう。
*************************

毎週火曜・土曜の18時、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)



7)おすすめ商品・サービス
◎JAFカード解約を考えています
実は経費削減の為、長年利用してきた
JAFカードの解約を考えています。
そこで、JAFの代わりとして考えているのが、
ENEOSカード。
ロードサービスが十分かどうかは、わかりません。
もし、利用されたことのある方がおられましたら、
教えてください。
http://goo.gl/dHxj1

◎ウォール・ストリート・ジャーナルで学ぶ英単語

WSJメルマガを始めてから、5年経ちました。
この5年間でわかったことがあります。
読む上で知っておくべき単語さえわかれば、
大まかな内容はわかるということ。
備忘録の意味でも、調べた単語をサイト上にアップしています。
今後、メルマガとしてスピンアウトする予定にしています。
http://english.ryotarotakao.com/

◎Winecarte 簡単ワインの選び方

ワインカルテを作る時にいつも感じるのは、
ワインの情報を探すのが大変ということ。
公式サイト・通販サイトをいくつかあたって、
作っています。
http://wine.ryotarotakao.com/

編集後記
コンビニがプレミアムビールに力を注ぐのも、
納得出来ます。
景況感が回復すれば、
各業界でプレミアム商品が続々と登場するかもしれないですね。

高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ http://ryotarotakao.com
高尾亮太朗のTubmlr⇒ http://ryotarotakao.tumblr.com
高尾亮太朗のGoogle+⇒ http://gplus.to/ryotarotakao
高尾亮太朗のPinterest⇒ http://pinterest.com/ryotarotakao/
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

メルマガ相互紹介を希望されるメルマガ執筆者様は、
ご連絡お願いします。

私もごく少ない部数の時に、
いろんなメルマガ執筆者様に助けていただきましたので、
今回は私が恩返しします!
| 高尾亮太朗 | 食品 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:00 | - | - | pookmark |









http://wsj.jugem.jp/trackback/770
+ 広告
+ 執筆者プロフィール
高尾亮太朗

1975年兵庫県姫路市生まれ。白鳥小学校・淳心学院・駿台予備学校神戸校・早稲田大学政治経済学部に進む。大学進学時に政治家を志し、早大鵬志会に入会。・・・続き
+ twitter+ryotarotakao.com

高尾亮太朗公式サイト

+ パートナーサイト
+ メルマガ無料配信中!
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 【682号】米スーパー最大手・クローガーのハイロー戦略を単純に真似してはならない。
    常盤 (07/25)
  • 【647号】米玩具メーカー・クネックスブランズ、国内製造への回帰で直面した意外な課題とは?
    高尾 亮太朗 (03/25)
  • 【647号】米玩具メーカー・クネックスブランズ、国内製造への回帰で直面した意外な課題とは?
    mama (03/22)
  • 【434号】練り歯磨きを煩わしく思う消費者。その本当の理由とは?
    Ryotaro Takao (03/13)
  • 【434号】練り歯磨きを煩わしく思う消費者。その本当の理由とは?
    KI (03/13)
  • 【419号】赤がブームのニューヨークレストラン業界とランチェスター戦略
    高尾 亮太朗 (01/11)
  • 【419号】赤がブームのニューヨークレストラン業界とランチェスター戦略
    berry (01/10)
  • 【297号】高級百貨店チェーンサックス、ネットのプライベートセールを開始。
    あろえ (09/08)
  • 【321号】ドキュメンタリー番組には落とし穴がある。
    野呂エイシロウ (01/26)
  • テレビCMもグーグルが影響?
    イーモ (12/24)
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ パートナーサイト
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS