英語新聞ウォールストリートジャーナル(WSJ)から見た起業・ビジネスのヒント

英語がわからなくても最新アメリカビジネス事情を知りたい人、集まれ!
グローバルビジネスマンなら必読の英語新聞「THE WALL STREET JOURNAL(ウォールストリートジャーナル)」。ウォールストリート・ジャーナル研究家の高尾亮太朗が、最新の記事を解説し、起業・ビジネスのヒントを提供いたします。

<< 【673号】大手菓子メーカー・モンデリーズが競合する“ネスプレッソ”市場に参入する理由とは? | main | 【675号】カップルが抱えるベッドの不満、それがベッドの購買動機につながらない理由とは? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
【674号】イノベーションが欲しければ、ブレインストーミングなんか止めてしまえ。
 

ただいまブレインストーミング中

Crispin Blackall


◎本日のニュース

1)見出し
Think Inside the Box

【出典】
http://goo.gl/FYqfj


毎週火曜・土曜の18時、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)


2)要約
多くの経営者が考えるのは、
イノベーションが成功の重要な要素であるということ。
しかし、実際にはイノベーションが不足している。
だからといって、ブレインストーミングが
必要というわけではない。

イノベーションを起こすための新しい考え方がある。
それは、現在の製品や状況の内部に着目して、
選択肢の幅を広げないというやり方である。
イノベーションは突拍子もないものでありルールや
パターンに従ってはいけない、
という従来の考え方とは正反対である。

この考え方では、
イノベーションを起こすのはそう難しいものではない。
訓練すれば誰でも習得できる技術にすぎない。

◎キーセンテンスとその翻訳
3)キーとなる英文
People are at their most creative when they focus on
 the internal aspects of a situation or problem―and
 when they constrain their options rather than broaden them.

4)キーとなる英文の和訳
人々が最も創造的になるのは、
ある状況や問題の内部に焦点を当てる時である。
つまりそれは、選択肢を広げるのではなく制限する時である。

5)気になる単語・表現
aspect名詞形勢、状況、側面
constrain他動詞〜を抑制する;〜を強いる
broaden他動詞〜を広げる

◎記事から読み取った今日のヒント
6)ビジネスのヒント
イノベーションを起こすのは、難しいと捉えられがち。
だからこそ、企業はイノベーションの不足に悩んでいるのです。
しかし、今回の記事(というよりもエッセイ)は、
この考えに真っ向から反論します。イノベーションは、
習得可能な技術として捉えています。そのような違いの背景には、
イノベーションを起こすための考え方として、
次のような相違点があります。

【イノベーションを起こすための考え方】
[従来の考え方]問題を明確化してから、
その解決策を考える。
[新しい考え方]抽象的な解決策を考えてから、
それが解決できる問題を見つけ出す。

心理学者によると、人間は、
所与の構成からその利点を探すのは得意なものの、
所与の利点をもたらす最良の構成を見つけるのは不得意だそうです


だから、問題から入る従来の考え方では、
イノベーションが難しくなるのです。一方、
解決策から入る新しい考え方は、
そもそも人間が得意とするものなので、
イノベーションが容易になります。

新しい考え方における具体的な方法をまとめると、
次のようになります。

【新しい考え方の具体的手法】
[1]削除→従来の機能の一部を削る
[2]統合→関係のない機能を合わせる
[3]追加→従来の機能を増やす
[4]分離→従来の要素を分離・再調整する
[5]変化→状況に応じて機能を変える

1について、一番わかり易い例はソニーのウォークマン。
ウォークマンは、
カセットレコーダーから録音機能を削除しました。
また、フィリップスのDVDプレーヤーは、
多くのボタンやパネルなどがあった従来のDVDプレーヤーから、
ボタンやパネルを削除し、コンパクト化に成功しました。
これら従来の機能を削除することで、
イノベーションが生まれたことになります。

2について、記事で紹介されていたのは、
サムソナイトの学生用バックパック。
従来の学生用バックパックは、
背中や首の疲れを起こすものでした。一方、
サムソナイトの商品では、
肩の指圧部分に軽く当たるように肩紐を設計することで、
疲れの元凶である重さを快適さに転化しています。
また、サイトのログイン時によく利用されるキャプチャシステム
(風変わりな歪んだ書体の文字入力を要求する仕組み)は、
単に利用者が機械でないことを証明するだけでなく、
ユーザーがタイプすることで印刷物の読みにくい単語を
デジタル化する機能も持ち合わせます。
ログイン証明と印刷コンテンツのデジタル化という2つの機能を、
統合したことになります。

3では、
ジレットのTRAC2ツインブレードシェイビングシステムが
取り上げられています。この商品が登場するまでは、
カミソリの刃は1枚でしたが、
ジレットはこの商品で二枚刃を初めて採用。
刃を一枚追加することで、
ひげを皮膚から立たせてより剃りやすくすることに成功しました。
また、大学進学適正テストのSATでは、
問題の難易度が適正かどうかわからないという問題を抱えていまし
た。
難易度が毎年変化すれば、SATの正統性が揺らぎます。そこで、
点数にはならない実験的な問題を実際の試験に紛らせることにより

将来出題するかもしれない問題の難易度を評価しています。
問題を追加することで、出題予定の問題の難易度を確認し、
SAT自体の正統性を保っているのです。

4について、従来なら空港のチェックインカウンターで
発券された搭乗券が自宅でプリントアウト可能になったことや、
テレビ本体に付いていた機能を分離したリモコンや、
モータやファンを戸外に分離したエアコンが、紹介されています。
製品に含まれる機能を分解し、その一部を分離することで、
イノベーティブな新製品が生まれるのです。

5は、外部の状況に応じて、
製品の属性を変化させるということです。
好例は、太陽光に応じて色が変わるメガネレンズや、
雨足によってスピードが変わる車のワイパー。モノだけでなく、
価格にもこのやり方を活用できます。
例えば、顧客ロイヤリティプログラム。
利用期間や紹介した友人数に応じた割引は、
状況に応じて割引率という価格の属性を変化させることになります

属性の違いにより、別の製品を作ることもできます。
例えば、紅茶飲料・ネスティ(Nestea)
のネスティウィンターコレクション。
紅茶飲料は夏に売れ冬には売れないとされていました。
しかし、打倒リプトンを掲げるネスティは、
ウィンターコレクションという冬用商品を導入。
このシリーズは、室温や暖房の効いた部屋で美味しく飲める
紅茶飲料に仕上げました。
これにより、
ネスティは売上が減る寒い季節に対応できただけでなく、
新たな市場を創造することもできました。

これら5つの方法は、それ自体そう難しいことではありません。
ただし、新商品や新事業を考える際に、
とっさにこの方法を取れるかはまた別の話。要は、
既存商品の内部に注目して考えるという思考法が取れるかどうかに

掛かっていると思います。ついつい選択肢の幅を広げがちですが、
それではドツボにはまるだけ。
イノベーションは空から降ってくるものではなく、
既存製品に隠れているのでしょう。

フィリップスのDVDプレイヤー(画像)http://goo.gl/qayuq
サムソナイトのバックパック http://goo.gl/d39g8

***************************
《今回のヒントのまとめ》
1)イノベーションの不足に悩む企業は多い。
しかし、イノベーションがなかなか生まれないのは、
やり方に問題があるのではないか。

2)従来は、問題を明確化してから、
その解決策を考えるやり方が採用されていた。
しかし、そのやり方は人間には不得手。人間は、
先に抽象的な解決策を考えてから、
それが解決できる問題を見つける方を得意とする。

3)ならば、選択肢を広げるのではなく、
既存製品の内部に着目して、
その内部の属性に変更を加えればいいのではないか。

4)具体的には、
内部の属性を削除・統合・追加・分離・変化させればよい。

5)この5つの方法を習得すればいいので、
イノベーションは才能では技術と言えるだろう。
*************************

毎週火曜・土曜の18時、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)



7)おすすめ商品・サービス
◎JAFカード解約を考えています
実は経費削減の為、長年利用してきた
JAFカードの解約を考えています。
そこで、JAFの代わりとして考えているのが、
ENEOSカード。
ロードサービスが十分かどうかは、わかりません。
もし、利用されたことのある方がおられましたら、
教えてください。
http://goo.gl/dHxj1

◎ウォール・ストリート・ジャーナルで学ぶ英単語

WSJメルマガを始めてから、もうすぐ5年。
この5年間でわかったことがあります。
読む上で知っておくべき単語さえわかれば、
大まかな内容はわかるということ。
備忘録の意味でも、調べた単語をサイト上にアップしています。
今後、メルマガとしてスピンアウトする予定にしています。
http://english.ryotarotakao.com/

◎Winecarte 簡単ワインの選び方

ワインカルテを作る時にいつも感じるのは、
ワインの情報を探すのが大変ということ。
公式サイト・通販サイトをいくつかあたって、
作っています。
http://wine.ryotarotakao.com/

編集後記
こんばんは、高尾です。
企業の業績や施策ではなく、
思考法などのスキルを取り上げたのは久しぶりですね。
今回の記事は、
より効果の高い思考法だと感じたので、
取り上げました。
記事を読んで真っ先に思ったのは、
ブルーオーシャン戦略に似ているということ。
ブルーオーシャン戦略は、本当に面白いと思います。
ブルーオーシャン戦略関連本はこちらです。
http://goo.gl/0quNh


高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ http://ryotarotakao.com
高尾亮太朗のTubmlr⇒ http://ryotarotakao.tumblr.com
高尾亮太朗のGoogle+⇒ http://gplus.to/ryotarotakao
高尾亮太朗のPinterest⇒ http://pinterest.com/ryotarotakao/
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

メルマガ相互紹介を希望されるメルマガ執筆者様は、
ご連絡お願いします。

私もごく少ない部数の時に、
いろんなメルマガ執筆者様に助けていただきましたので、
今回は私が恩返しします!
| 高尾亮太朗 | 中小ベンチャー | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:00 | - | - | pookmark |









http://wsj.jugem.jp/trackback/766
+ 広告
+ 執筆者プロフィール
高尾亮太朗

1975年兵庫県姫路市生まれ。白鳥小学校・淳心学院・駿台予備学校神戸校・早稲田大学政治経済学部に進む。大学進学時に政治家を志し、早大鵬志会に入会。・・・続き
+ twitter+ryotarotakao.com

高尾亮太朗公式サイト

+ パートナーサイト
+ メルマガ無料配信中!
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 【682号】米スーパー最大手・クローガーのハイロー戦略を単純に真似してはならない。
    常盤 (07/25)
  • 【647号】米玩具メーカー・クネックスブランズ、国内製造への回帰で直面した意外な課題とは?
    高尾 亮太朗 (03/25)
  • 【647号】米玩具メーカー・クネックスブランズ、国内製造への回帰で直面した意外な課題とは?
    mama (03/22)
  • 【434号】練り歯磨きを煩わしく思う消費者。その本当の理由とは?
    Ryotaro Takao (03/13)
  • 【434号】練り歯磨きを煩わしく思う消費者。その本当の理由とは?
    KI (03/13)
  • 【419号】赤がブームのニューヨークレストラン業界とランチェスター戦略
    高尾 亮太朗 (01/11)
  • 【419号】赤がブームのニューヨークレストラン業界とランチェスター戦略
    berry (01/10)
  • 【297号】高級百貨店チェーンサックス、ネットのプライベートセールを開始。
    あろえ (09/08)
  • 【321号】ドキュメンタリー番組には落とし穴がある。
    野呂エイシロウ (01/26)
  • テレビCMもグーグルが影響?
    イーモ (12/24)
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ パートナーサイト
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS