英語新聞ウォールストリートジャーナル(WSJ)から見た起業・ビジネスのヒント

英語がわからなくても最新アメリカビジネス事情を知りたい人、集まれ!
グローバルビジネスマンなら必読の英語新聞「THE WALL STREET JOURNAL(ウォールストリートジャーナル)」。ウォールストリート・ジャーナル研究家の高尾亮太朗が、最新の記事を解説し、起業・ビジネスのヒントを提供いたします。

<< 【623号】米トイザらスが、元陸軍兵站士官を採用した理由とその野望とは? | main | 【625号】米FTCが子供向け食品広告の新トレンドに神経を使う理由とは? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
【624号】米ショッピングモールが、新設よりも改装に力を入れる理由とは?
 

日本のショッピングモール(ヴィーナスフォート)

By MD111


◎本日のニュース

1)見出し
Malls Get Facelift to Pull In Shoppers

【出典】
http://goo.gl/1vb6f


毎週火曜・土曜の18時、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)




2)要約
アメリカのショッピングモールは、
建設から改装の時代に移行している。
それは、すでにモール数が過剰であり、
さらにネット通販に顧客が奪われているからである。

改装で力を入れているのは、
人気ブランドの誘致やレストラン・映画館の拡充。
単なる物販ではなく、ネットでは得難い体験を提供することで、
ネット通販に対抗しようとしている。

モールのオーナー企業は、
改装対象を高収益のモールに限定する傾向がある。
新規建設よりも高い改装の投資収益率を、
さらに高めるためである。

◎キーセンテンスとその翻訳
3)キーとなる英文
In an attempt to keep shoppers coming―
and to squeeze more revenue out of established locations―
mall owners and retailers are shifting to renovations.

4)キーとなる英文の和訳
集客の維持を図るために、
また既存モールの収益を何とか引き上げるために、
モールを所有する企業や小売企業は、改装に力を注いでいる。

5)気になる単語・表現
squeeze他動詞〜を圧搾する;〜を絞る絞る
renovation名詞修理;改装;革新;元気回復

◎記事から読み取った今日のヒント
6)ビジネスのヒント
アメリカのショッピングモールが、
改装に力を注いでいる事例として紹介されているのは、
以下の通り。

【アメリカショッピングモールの改装事例】
◯ルーズベルトフィールド
(Roosebelt Field ロングアイランド島にある
全米指折りの高収益モール)→3億ドルを今後2年で投資

◯ジェネラルグロースプロパティーズ社
(General Growth Properties Inc.
全米で規模2位のモール所有企業)→今年17モール、

来年8モールを改装

◯CBLアンドアソシエイツプロパティーズ社
(CBL & Associates Properties Inc.
93モールの所有企業)→今年20モールを改装

◯ウェストフィールドグループ(Westfield Group
47モールの所有企業)→
過去3年の改装投資金額が8億ドルのところ、
今後3年で30億ドルを投資

モールが新規建設から改装の時代に移行しているのが、
わかると思う。このような変化が起こった原因は、
次の2点である。

【モールが新規建設から改装に移行した原因】
[1]モール数が過剰になったから
[2]
新規建設してもネット通販に必ずしも勝てるとは限らないから

1について、すでにオーバーストア状態なので、
新たに建設しても、従来ほどの収益を獲得することは難しい。
そこで、既存施設の改装に力を入れることになる。
実際、新規建設と改装の投資収益率(ROI)を比較すると、
次のようになる。

【モールにおける新規建設・改装のROI比較】
[新規建設]高くても1桁台
[改装]成功すれば10〜12%

2について、モール数を増やすことで、
ネット通販から顧客を奪い返せるとは限らない。
そこで、既存モールを改装することで、
ネット通販にはない実店舗の強みを活かし、
弱みを克服しようとしている。
実店舗であるモールの強みと弱みをまとめると、
以下のようになる。

【対ネット通販でのモールの強みと弱み】
[強み]体験を提供できる
[弱み]買い物に時間がかかる

具体的には、強み・弱みを考えて、
次ような改装を行なっている。

【強み・弱みを考えたモールの改装】
[強み活用]レストランの拡充、映画館の刷新、
スーパーマーケットの新設など
[弱み克服]駐車場直結のレストラン・
スーパーマーケットの新設など

ネット通販には提供できない実店舗の価値とは、
体験に他ならない。ネットでは、実際に食事はできないし、
大きなスクリーンでの映画鑑賞もできない。
単価の低いちょっとしたモノも、配送料がハードルとなって、
気軽に買えない。そこで、レストランや映画館、
スーパーに力を入れる。

一方、実店舗の弱みは、
ネット通販よりも買い物に時間がかかるということ。
そこで、レストランやスーパーを駐車場直結にして、
すっと入って、ぱっと買って、
すっと帰れるようにしている。

ただし、すべてのモールが改装対象になっているのではない。
改装対象を、高収益のモールに限定する傾向が強くなっている。
実際、全米の約1070モールのうち、
改装されたのはたったの289モールにすぎない。
1フィート四方あたりの年間平均売上金額が、
モール全体で370ドルのところ、
改装対象になったモールは平均で535ドル。
収益力の高いモールだけが、改装されていることがわかる。
ちなみに、先述のルーズベルトフィールドは、
1フィート四方の年間売上金額が1040ドルにも上る。
これほどの高収益になったのは、その商圏人口の特質ゆえ。
つまり、半径10マイル以内の居住者が180万人もいる上、
その平均世帯年収が11万6302ドルにも及ぶ。
全米平均の世帯年収5万502ドルの2倍以上だから、
商圏の購買力の高さが、よくわかる。

ROIのより高い改装に力を注ぐだけでなく、
さらにROIを向上しやすい高収益モールに限定するのは、
小売業においてROIがこれまでにもなく
重要視されていることを物語っている。実店舗は、
ROIでもネット通販と競合していると言っても、
過言ではないだろう。

Roosevelt Field http://goo.gl/flcCF
General Growth Properties http://www.ggp.com/
CBL & Associates Properties http://goo.gl/g0xw5
Westfield Group http://www.westfield.com/corporate/

***************************
《今回のヒントのまとめ》
1)アメリカのショッピングモール所有企業は、
新規建設よりも既存施設の改装に力を注いでいる。

2)その理由は、オーバーストア状態であり、
さらにネット通販に顧客を奪われているからである。

3)そこで、よりROIの高い改装に力を入れることになる。
改装する際は、ネットにはない強みである
体験の提供に力を入れるとともに、
弱みである買い物時間を短縮できるよう
駐車場直結の店舗を新設している。

4)さらに、改装対象は、
収益性の高い物件に限定する傾向がある。
それは、よりROIを高めやすいからである。

5)このように、モール運営においてROIを
より重視するのは、ROIでも
ネット通販との競争にされされているのではないか。
*************************

毎週火曜・土曜の18時、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)


7)おすすめ商品・サービス

◎ウォール・ストリート・ジャーナルで学ぶ英単語

2008年よりウォール・ストリート・ジャーナルを
読んだ経験を活かして、頻出の英単語を
日々紹介しています。
頻出の英単語を知っていれば、
見出しや第一パラグラフを読んだだけで、
記事の概要を理解できることができるので、
時間の短縮になるはず。
世界に広がる英語情報のインプットが増えれば、
より個性的なアウトプットにもつながります。
http://english.ryotarotakao.com/

◎Winecarte 簡単ワインの選び方

飲んだワインの公開が滞っています。
近々、公開しますのでお楽しみに。
http://wine.ryotarotakao.com/

編集後記
モールでの買い物をエンターテイメントと考えれば、
ただで楽しめる施設になります。
一方で、買い物として捉えれば、
時間がかかる非効率的な施設になります。
どちらを優先するのかは、難しいところ。

高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ http://ryotarotakao.com
高尾亮太朗のTubmlr⇒ http://ryotarotakao.tumblr.com
高尾亮太朗のGoogle+⇒ http://gplus.to/ryotarotakao
高尾亮太朗のPinterest⇒ http://pinterest.com/ryotarotakao/
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

ご質問・ご相談・ご感想がございましたら、ご連絡ください。
⇒ tryotaro1975@aol.com

メルマガ相互紹介を希望されるメルマガ執筆者様は、
ご連絡お願いします。

私もごく少ない部数の時に、
いろんなメルマガ執筆者様に助けていただきましたので、
今回は私が恩返しします!

メルマガ相互紹介に関する連絡先はこちら
⇒ tryotaro1975@aol.com
| 高尾亮太朗 | 小売業 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:00 | - | - | pookmark |









http://wsj.jugem.jp/trackback/717
+ 広告
+ 執筆者プロフィール
高尾亮太朗

1975年兵庫県姫路市生まれ。白鳥小学校・淳心学院・駿台予備学校神戸校・早稲田大学政治経済学部に進む。大学進学時に政治家を志し、早大鵬志会に入会。・・・続き
+ twitter+ryotarotakao.com

高尾亮太朗公式サイト

+ パートナーサイト
+ メルマガ無料配信中!
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 【682号】米スーパー最大手・クローガーのハイロー戦略を単純に真似してはならない。
    常盤 (07/25)
  • 【647号】米玩具メーカー・クネックスブランズ、国内製造への回帰で直面した意外な課題とは?
    高尾 亮太朗 (03/25)
  • 【647号】米玩具メーカー・クネックスブランズ、国内製造への回帰で直面した意外な課題とは?
    mama (03/22)
  • 【434号】練り歯磨きを煩わしく思う消費者。その本当の理由とは?
    Ryotaro Takao (03/13)
  • 【434号】練り歯磨きを煩わしく思う消費者。その本当の理由とは?
    KI (03/13)
  • 【419号】赤がブームのニューヨークレストラン業界とランチェスター戦略
    高尾 亮太朗 (01/11)
  • 【419号】赤がブームのニューヨークレストラン業界とランチェスター戦略
    berry (01/10)
  • 【297号】高級百貨店チェーンサックス、ネットのプライベートセールを開始。
    あろえ (09/08)
  • 【321号】ドキュメンタリー番組には落とし穴がある。
    野呂エイシロウ (01/26)
  • テレビCMもグーグルが影響?
    イーモ (12/24)
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ パートナーサイト
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS