英語新聞ウォールストリートジャーナル(WSJ)から見た起業・ビジネスのヒント

英語がわからなくても最新アメリカビジネス事情を知りたい人、集まれ!
グローバルビジネスマンなら必読の英語新聞「THE WALL STREET JOURNAL(ウォールストリートジャーナル)」。ウォールストリート・ジャーナル研究家の高尾亮太朗が、最新の記事を解説し、起業・ビジネスのヒントを提供いたします。

<< 【597号】食品メーカーによるブランド付きモバイルゲームは成功するのか? | main | 【598号】ユーチューブ料理番組のレシピリハブがテレビ番組になった理由とは? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
【598号】画像連動型広告のメリット・デメリット、その影響とは?
 

Luminate


◎本日のニュース

1)見出し
Publishers' Next Ad Challenge: Photos

【出典】
http://goo.gl/yphU6


毎週火曜・土曜の18時、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)



2)要約
サイト上の文書と関連する広告を自動掲載することと同じことが、
画像でも起こっている。これまで手付かずだった画像を
解読することができれば、コンテンツ提供者は
新たな収益源を生み出すことができる。

その方法は、コンピューターが自動認識する手法で、
一部人手を介するものもある。具体的には、
画像に関連する広告を上部に表示したり、
画像上でマウスを動かすと広告が出現したりする。
その広告を見ることにより、
画像上でモデルが着る服に似た商品を購入できる。

画像に派生する広告が注目を浴びるのは、
文書に連動する検索連動型広告トップのグーグル社が、
まだ提供できていないからである。
この広告は、検索連動型広告と同じターゲット広告なので、
検索連動型広告と同じような巨額の収益が期待されている。

一方で、不適切な画像が広告に表示される危険性や、
飛び出る広告が読者を遠ざける可能性が指摘されている。

◎キーセンテンスとその翻訳
3)キーとなる英文
But all seek to teach computers―sometimes
with human help―to understand what a photograph represents
so that they can serve relevant advertising on top of or
 attached to it.

4)キーとなる英文の和訳
しかし、すべての企業が行おうとしているのは、
コンピューターに、時に人の手助けを入れて、
画像が表現しているものを理解させるということである。
その結果、画像の上部や添付する形で
関連する広告を配信することができる。

5)気になる単語・表現
seek to他動詞句to try to do something 〜しようと努める
relevant形容詞(密接な)関連がある[to]

◎記事から読み取った今日のヒント

6)ビジネスのヒント
今回の記事で紹介されているのは、
文書連動型広告の画像版。(「画像連動型広告」

と呼ぶことにする。)
文書連動型広告とは、サイト上の言葉や文章に関連する
広告をそのページに掲載するという広告手法。
グーグル社(Google Inc.)のアドワーズ(Adwords)が一番有名。
グーグルの巨額収益のほとんどがアドワーズを源としているので、
画像連動型広告からも同程度の収益が期待できる。
一方で、グーグルは画像連動型広告にまだ進出しておらず、
その市場には大手企業は存在しない。(ただし、グーグルは、
ベンチャキャピタルを通じて出資はしている。)
将来性のある市場で大手が進出していないということで、
ベンチャー企業がその市場開拓を目指している。

記事で取り上げられている企業とそのサービスは、
以下の通り。

◯ルミネイト社(Luminate )
→ユーザーがマウスでタグをクリックすると、
関連する広告が出現。人手とコンピューターアルゴリズムで、
タグを画像に添付する。グーグルから出資を受ける。

◯ヴィブラントメディア社(Vibrant Media Inc.)
→画像の下部に関連する横長の広告を掲載。

◯ガムガム社(GumGum Inc.)
→画像をピクセル単位で認識して、
個人・画像認証を行いことで、関連する広告を掲載。
テレビ番組や映画などエンターテイメントの広告に強い。
VC(ベンチャキャピタル)
から1000万ドル以上の出資を受ける。

◯スティップル社(Stipple Inc.)
→画像にリンク付きタグを付けることで、
リンク先へのアクセスを集める。
画像がソーシャルメディア上を一人歩きすれば、
アクセス数は大きく高まる。

各社の画像連動型広告の共通点は以下の通り。

1)画像にリンク付き広告を添付する。
2)広告の大部分は自動で付けられる。

1に関しては、
画像連動型広告は広告と画像が一体化しているので、
明確な広告であるディスプレー広告よりも効果が高いとされている

その背景には、ユーザーは、ウェブ上でコンテンツではないもの、
つまり広告を見ない傾向が高まっていることがある。
よって、
コンテンツと広告を融合した画像連動型広告が期待されている。

2に関しては、あくまで「大部分」に留まり、
一部は人手により広告が選択・掲載されているようだ。
だた、ガムガム社のように、画像をピクセル単位で解析する
技術が広がると、自動で画像認証・
広告掲載されるようになるだろう。

これらにより、画像認証型広告のメリットをまとめると、
次のようになる。

◯ターゲット広告の一種として、高い広告効果が期待できる。
◯画像に関連する情報を添加することで、
コンテンツの密度が高くなる。

一方で、デメリットもある。

◯適当でない画像に広告が表示される恐れがある。
◯ユーザーが広告付き画像に辟易し、
クリック率が低下する恐れがある。

ただし、これらは検索連動型広告でも起こりうること。
それでも検索連動型広告が普及していることを考えると、
技術で克服できれば問題ないだろう。

私が注目したいのは、
画像連動型広告が画像の収益化につながるという点。
収益化に成功すれば、
素人が撮影した画像にも広告掲載が可能になり、
その画像が素人に収益をもたらす。

ただし、アドワーズと異なるのは、コンテンツとの一体化の程度。
つまり、

アドワーズ→文書を主体にしたコンテンツの脇に掲載される
画像連動型広告→画像の中に掲載される

ので、画像の質が広告効果に影響しかねない。
画質の悪い画像に掲載された広告は、効果は低いだろう。
それ以上に、広告主の信用を落としかねない。
画質向上ニーズが高まれば、一方で画質をアップさせる
技術が高まる可能性もある。

このように、画像のマネタイズ方法が確立されれば、
画質を向上させる技術の発展が期待できる。
画像アプリがさらに増えることが予想される。

Luminate http://www.luminate.com/
Vibrant http://www.vibrantmedia.com/index.asp
GumGum http://gumgum.com/
Stipple https://stipple.com/

***************************

《今回のヒントのまとめ》
1)画像連動型広告の特徴は、
画像にリンク付き広告が添付される点と、
広告添付が自動で行われる点である。

2)この広告手法のメリットは、
ターゲット広告として高い広告効果が期待出来る点と、
コンテンツの密度が高まる点である。

3)一方でデメリットもある。
適当でない画像に広告が掲載される恐れがあり、
また広告付き画像にユーザーが飽きる可能性もある。

4)一方、画像連動型広告がより一般化すれば、
アドセンスのように画像のマネタイズ方法が
確立されるかもしれない。
その結果、素人の画像でも収益を上げる事が可能になる。

5)また、広告が掲載される画像の質が注目されることで、
画質向上技術の発展が期待できる。

*************************


7)おすすめ商品・サービス

◎ウォール・ストリート・ジャーナルで学ぶ英単語

2008年よりウォール・ストリート・ジャーナルを
読んだ経験を活かして、頻出の英単語を
日々紹介しています。
頻出の英単語を知っていれば、
見出しや第一パラグラフを読んだだけで、
記事の概要を理解できることができるので、
時間の短縮になるはず。
世界に広がる英語情報のインプットが増えれば、
より個性的なアウトプットにもつながります。
http://english.ryotarotakao.com/

◎Winecarte 簡単ワインの選び方

最近、ワインを勉強しています。
それをアウトプットする意味でも、
ワインのサイトを始めました。
焦らず少しずつ作成する予定です。
http://wine.ryotarotakao.com/

◎Food @Kobe
昨日食べたのが、こちらの魚。

http://goo.gl/OvKFi

秋と言えば、さんまですね。
一匹100円だったのですが、とても美味しかったです。

http://goo.gl/prz5y

日本酒が合いますねぇ。

編集後記
昨日は、少し古いキムチを食べたせいで、
少しお腹がゆるくなりました。
それだけですまず、腹痛が起こるほど。
賞味期限が切れた酸っぱいキムチは、
危険です。

高尾亮太朗のツイッター⇒  http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ http://ryotarotakao.com
高尾亮太朗のTubmlr⇒ http://ryotarotakao.tumblr.com
高尾亮太朗のGoogle+⇒ http://gplus.to/ryotarotakao
高尾亮太朗のPinterest⇒ http://pinterest.com/ryotarotakao/
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!
| 高尾亮太朗 | 広告・マスコミ | 22:00 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:00 | - | - | pookmark |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/05/31 2:48 PM |









http://wsj.jugem.jp/trackback/691
+ 広告
+ 執筆者プロフィール
高尾亮太朗

1975年兵庫県姫路市生まれ。白鳥小学校・淳心学院・駿台予備学校神戸校・早稲田大学政治経済学部に進む。大学進学時に政治家を志し、早大鵬志会に入会。・・・続き
+ twitter+ryotarotakao.com

高尾亮太朗公式サイト

+ パートナーサイト
+ メルマガ無料配信中!
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 【682号】米スーパー最大手・クローガーのハイロー戦略を単純に真似してはならない。
    常盤 (07/25)
  • 【647号】米玩具メーカー・クネックスブランズ、国内製造への回帰で直面した意外な課題とは?
    高尾 亮太朗 (03/25)
  • 【647号】米玩具メーカー・クネックスブランズ、国内製造への回帰で直面した意外な課題とは?
    mama (03/22)
  • 【434号】練り歯磨きを煩わしく思う消費者。その本当の理由とは?
    Ryotaro Takao (03/13)
  • 【434号】練り歯磨きを煩わしく思う消費者。その本当の理由とは?
    KI (03/13)
  • 【419号】赤がブームのニューヨークレストラン業界とランチェスター戦略
    高尾 亮太朗 (01/11)
  • 【419号】赤がブームのニューヨークレストラン業界とランチェスター戦略
    berry (01/10)
  • 【297号】高級百貨店チェーンサックス、ネットのプライベートセールを開始。
    あろえ (09/08)
  • 【321号】ドキュメンタリー番組には落とし穴がある。
    野呂エイシロウ (01/26)
  • テレビCMもグーグルが影響?
    イーモ (12/24)
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ パートナーサイト
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS