英語新聞ウォールストリートジャーナル(WSJ)から見た起業・ビジネスのヒント

英語がわからなくても最新アメリカビジネス事情を知りたい人、集まれ!
グローバルビジネスマンなら必読の英語新聞「THE WALL STREET JOURNAL(ウォールストリートジャーナル)」。ウォールストリート・ジャーナル研究家の高尾亮太朗が、最新の記事を解説し、起業・ビジネスのヒントを提供いたします。

<< 【525号】中小企業の無名ブランドを売上に導く3つの方法 | main | 【527号】米GEがアップル製PCマック導入を決めた理由とは? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
【526号】コダック化しなかった元織物業ミリケンとストーリーとしての競争戦略
 

コダック

By 427


◎本日のニュース

1)見出し
The Anti-Kodak: How a U.S. Firm Innovates and Thrives

【出典】
http://goo.gl/zEcMA

毎週火曜・土曜の18時、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)

2)要約
破産法申請準備に入ったコダックのように、
グローバル化によるアメリカ製造業の競争力低下が嘆かれる。
しかし、ミリケンアンドカンパニー(以下ミリケン)のように、
従来の製品に見切りを付け、独自製品に特化することで、
成長を続ける企業もある。

織物業のミリケンは、

他社同様海外の低価格輸入品に悩まされていた。
輸入品流入への対抗に失敗すると、織物や特定の化学品の知識を
活用したニッチ製品の製造に特化した。その研究を通して、
数千もの特許取得に成功している。

ミリケンの成功の要因は、変化を受け入れる姿勢と
その変化スピードである。また、外部企業に対して製品や
生産革新を教える事業を行うなど、外部との提携を進めている。

その結果、ミリケンの業績は、着実に増収増益を継続。
無借金経営や二桁のROEに成功し、2007年以来企業価値が
30%以上上昇している。

◎キーセンテンスとその翻訳
3)キーとなる英文
And it bore down on scientific research and manufacturing innovation.

4)キーとなる英文の和訳
そして、ミリケンは、科学研究と生産革新に舵を切った。

5)気になる単語・表現
bear down on    自動詞句    〜にのしかかる、〜に圧迫する、
〜に接近する、〜に近寄る

◎記事から読み取った今日のヒント
6)ビジネスのヒント
グローバル化という外部環境の変化に対し、
労働集約型産業に属する企業が、どのような手を打って、
成功したかという話。この記事では、
労働集約型産業として織物業が、
労働集約型産業に属する企業としてミリケンアンドカンパニー
(Milliken & Co.)が取り上げられている。

新興国からの低価格アパレル品の流入で、
アメリカ南東部の織物業は壊滅的打撃を受けた。
ミリケンも、もちろんその影響からは免れない。
ニッチ製品に特化した今のミリケンからは考えられないが、
当初はミリケンも他社同様に格安輸入品への反対を表明し、
対抗しようとした。記事では、
政治献金を使ってロビー活動をしていたと、
報じている。

しかし、その反対運動が実らず、輸入格安品のアメリカ市場流入が
避けられないことがわかると、
ミリケンは他社とは違う行動に出た。
ここで、ミリケンとミリケン以外の織物企業を対比してみると、
◯ミリケン→織物業から撤退し、研究開発型のニッチ製品に特化。
◯ミリケン以外の織物企業→織物業を継続し、廃業・
倒産を余儀なくされる。
となる。この対応が、企業存続に大きな影響を与えたことになる。

さらに、ミリケンは存続するだけでなく、増収増益を長期間継続している。
その要因は、
1.変化を受け入れる姿勢
2.スピード経営
3.強みに強化できる仕組み
の3つ。

1については、市場から退場を余儀なくされた他社との違いである。
成功体験に満足せず、自社の強みが活かせる研究開発型の
ニッチ製品に特化した。記事で紹介されているニッチ製品は、
◯送水管テープを強化する生地
◯冷蔵庫の清潔に保つ添加剤
◯子供のお絵かきペンを水洗い可にする添加剤
◯火に強い絨毯
◯抗菌性の調理台
◯軽い風車
など。

2については、組織をできるだけオープンにすることにより、
アイデアを製品に昇華させるスピードを早めている。
例えば、
研究者の上司がそのアイデアを気に入らなかったとしても、
他の部署にプレゼンすることができる。また、
外部組織との連携によって、
素早くアイデアを事業に進化させることが
可能となる。

3について、ミリケンの成長を支える一番大きな要因は、
この強みを強化できる仕組みにある。
企業が新規事業に参入する際、
自社が持つ経営資源を活用するのは当然だろう。
しかし、ただ活用するだけでは、いずれ他社に追いつかれる。
真似されるのがオチである。しかし、
他社の追随を許さない仕組みがあれば、
差別化は継続でき、成長を加速することができる。
ミリケンの仕組みとは、
次の3点。
1.特許→守り
2.研究推進→攻め
3.外部とのオープンな提携→キラーパス
特許は、文字通り自社の技術を守ってくれる。
しかし、いずれ時間が過ぎれば、特許が無効になり、
その競争優位はなくなってしまう。そこで、2が働く。

ミリケンの研究者は、勤務時間の15%を自分が興味のある研究に
費やすことができる。研究内容については、
事業化を目的にすること以外問われない。さらに、
事業化に成功した研究者は、50%までが可能になるという。
自由なサービス開発を奨励するグーグル社以上かもしれない。
また、この研究開発に力を入れる企業風土が、
上位大学院の卒業生の入社を促進させている。その結果、
他社以上に研究開発が進み、
新たな事業アイデアを生み出すことになる。
まさに、攻めの仕組みと言えるだろう。

最後に、ミリケンは、社外に製品や製造イノベーションを
教える事業を推進している。一見すると、
自社のビジネスモデルなど強みが流出することになりかねない。
だから、競合他社は、なかなか同じ事ができないだろう。一方、
この事業を通じて、社外とのネットワークを築くことができ、
その結果、自社の事業アイデアを進化させ、
より早く事業化することができる。
一見自社に不利に見えることが、
実は大きな差別化につながる。書籍「
ストーリーとしての競争戦略」
で言うキラーパスである。このキラーパスのおかげで、
攻めをより強化することができる。

記事ではそれほど大きく割かれていなかったが、
この3つのうちで一番重要なのは、3番目の外部とのオープンな
提携のように思える。
なかなか競合が踏み切れない施策だからこそ、
競合の追随から免れ、長期的な差別化を実現する。その結果が、
着実な増収増益、筋肉質の財務諸表、
高い投資効率を生み出している。

***************************
《今回のヒントのまとめ》
1)格安輸入品の嵐に見舞われたアメリカ織物産業。
殆どの企業は、
その嵐によって廃業・倒産を余儀なくされた。一方、
ミリケンは生き残っただけでなく、成長を継続している。

2)ミリケン成功の要因は、「変化を受け入れる姿勢」
「スピード経営」「強みに強化できる仕組み」である。

3)特に重要なのは、強みを強化できる仕組み。具体的には、
「特許による守り」「研究推進による攻め」
「外部とのオープンな提携によるキラーパス」である。

4)最後のキラーパスとは、書籍「ストーリーとしての競争戦略」
登場した用語であり、
企業の長期的な差別化を可能にさせてくれる。
ミリケンは、このキラーパスにより、着実な増収増益・
筋肉質の財務諸表・高い投資効率を実現している。

*************************

毎週火曜・土曜の18時、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)

7)おすすめ商品・サービス

◎Winecarte 簡単ワインの選び方

最近、ワインを勉強しています。
それをアウトプットする意味でも、
ワインのサイトを始めました。
焦らず少しずつ作成する予定です。
http://wine.ryotarotakao.com/

編集後記
「ストーリーとしての競争戦略」は、年末年始に読んだのですが、
とても面白かったです。
強い企業のその秘密が、明快に解説されてあります。
何度も読み返したいほどですが、今私に必要なのは考えること。
好きな事を考えるのは、楽しいこと。
しかし、なかなかいい考えが浮かばないと、苦しくなります。
この苦しみの先に、
キラーパスが浮かび上がってくるのでしょうね。
※個人的事情により、2012年の年賀状送付は
控えさせていただきました。ご了承願います。

| 高尾亮太朗 | 製造業 | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:15 | - | - | pookmark |









http://wsj.jugem.jp/trackback/619
+ 広告
+ 執筆者プロフィール
高尾亮太朗

1975年兵庫県姫路市生まれ。白鳥小学校・淳心学院・駿台予備学校神戸校・早稲田大学政治経済学部に進む。大学進学時に政治家を志し、早大鵬志会に入会。・・・続き
+ twitter+ryotarotakao.com

高尾亮太朗公式サイト

+ パートナーサイト
+ メルマガ無料配信中!
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 【682号】米スーパー最大手・クローガーのハイロー戦略を単純に真似してはならない。
    常盤 (07/25)
  • 【647号】米玩具メーカー・クネックスブランズ、国内製造への回帰で直面した意外な課題とは?
    高尾 亮太朗 (03/25)
  • 【647号】米玩具メーカー・クネックスブランズ、国内製造への回帰で直面した意外な課題とは?
    mama (03/22)
  • 【434号】練り歯磨きを煩わしく思う消費者。その本当の理由とは?
    Ryotaro Takao (03/13)
  • 【434号】練り歯磨きを煩わしく思う消費者。その本当の理由とは?
    KI (03/13)
  • 【419号】赤がブームのニューヨークレストラン業界とランチェスター戦略
    高尾 亮太朗 (01/11)
  • 【419号】赤がブームのニューヨークレストラン業界とランチェスター戦略
    berry (01/10)
  • 【297号】高級百貨店チェーンサックス、ネットのプライベートセールを開始。
    あろえ (09/08)
  • 【321号】ドキュメンタリー番組には落とし穴がある。
    野呂エイシロウ (01/26)
  • テレビCMもグーグルが影響?
    イーモ (12/24)
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ パートナーサイト
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS