英語新聞ウォールストリートジャーナル(WSJ)から見た起業・ビジネスのヒント

英語がわからなくても最新アメリカビジネス事情を知りたい人、集まれ!
グローバルビジネスマンなら必読の英語新聞「THE WALL STREET JOURNAL(ウォールストリートジャーナル)」。ウォールストリート・ジャーナル研究家の高尾亮太朗が、最新の記事を解説し、起業・ビジネスのヒントを提供いたします。

<< 【320号】地元消費活動は定着しているのか? | main | 【322号】アメリカ退職後のための貯蓄推奨策の問題点とは? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
【321号】ドキュメンタリー番組には落とし穴がある。
 ◎1月26日 11時37分現在の速報
Demand for Macs, iPhones Fuels Apple
新製品発売を2日後に控えて発表されたアップル社の業績は、
増収増益で、
アップル製品の人気が落ちていないことを証明した。
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748703808904575025482977609658.html?mod=WSJ_hps_LEFTWhatsNews


◎本日のニュース


1)見出し 


Small Businesses Develop Taste for Spotlight on Reality TV Shows


2)要約


テレビのドキュメンタリー番組に取り上げられるということは、

中小企業にとっては効果の高い広報活動にもなる。

これによって、
消費者は普段見えない企業活動を垣間見ることができ、
その企業に愛着を持つとともに、安心して購入することができる。

一方で、この広報活動は負の側面も持つので注意が必要。


取材日には、取材に時間が取られて本来やるべき仕事に

時間を割けないことも起こりうる。

また、企業の内部をさらけ出すことで、

従業員のプライバシーが侵害される恐れがある。

さらに、放送されるのは企業にとって好都合なことだけではなく、

できれば隠したいトラブルなども公にされ、
企業への反発を招く恐れもある。

3)キーとなる英文

Small businesses have become popular fodder for reality television,
where shop owners let viewers glimpse the daily dramas of their
 business operations in return for big publicity.

4)キーとなる英文の和訳

中小企業は、テレビのドキュメンタリー番組の
良い素材とされてきた。
番組内で、店舗のオーナーは、知名度を大きく上げる代わりに、
視聴者に企業活動での日々の出来事を垣間見せている。

3)気になる単語・表現と解説

(気になる単語・表現)
fodder  名詞      えじき
glimpse 他動詞     〜をちらりと見る
publicity       名詞      知れ渡ること、評判

 (解説)
whereは、reality televisionの関係副詞。

5)今日のヒント


最近、レストランに行くと、「◯◯(番組名)で紹介されました」

などの告知を見ることがよくある。

また、テレビ東京系列のカンブリア宮殿やガイアの夜明けで

特集された企業の商品は、一度買って見たくなる。

このように、テレビなどのマスコミに紹介された企業や商品は、

大きな注意を引くことができる。

今回の記事は、この広報(=
お金を掛けずにマスコミに取り上げてもらうこと)による
負の側面が取り上げられてある。

前職で新商品の広報を担当していた時、

私もこの負の側面を実感した。

よくあったのは、広告代理店からの営業電話で、

「新商品をうちの媒体で宣伝しないですか?」というもので、
日経MJに掲載された日にはだいたい5社ぐらいから電話が
掛かってきたと記憶している。

このような売り込み電話がよくあるパターンであるが、

今回の記事では、その他にも、
◎売り切れが頻繁に起こり、従来の顧客からクレームが付いた。
◎フランチャイズ展開のしつこいオファーがあった。
◎取材に脚本がなく、こちらの意図しない様に報道された
などが紹介されてある。

このような負の側面がある一方で、

マスコミで紹介されることによって
大きな果実を得ることができる。

広報は、広告と違って第三者の意見なので、

消費者にとっての信頼性は高い。(
広告は広告主の言いたいことであり、
売り込みだと消費者の目には映る。)

しかも、コストはほとんどの場合がゼロ。


だから、この広報活動をしないのは大変勿体ない。


その際に、広報活動の目的を明確化(できれば、

どのような反響があり、それにどう対応するかを
シュミレーションしておきたい)する必要があるだろう。

目的がはっきりしたならば、記事にあるような負の側面を、

ある程度緩和できる。

************************

《今回のヒントのまとめ》                                            
▼テレビなどのマスコミに取り上げられることは、
消費者にとって信頼の高い記事で紹介され、
またコストがほとんどゼロなので、
中小企業は広報活動をぜひとも行いたい。

▼ただし、内部事情が漏れたり、

売上急増で売り切れが起こったりなど、
負の側面もあることは頭に入れて置きたい。

▼事前に、広報の目的を明確にし、

広報の結果どのような反響が起こり、
どう対応するのかシュミレーションしておくと、
負の側面はある程度緩和できる。

***************************


6)おすすめ商品・サービス 

◎インフォ麺ション⇒昨日訪問者は44名。↓
麺の口コミ・情報サイトを作成しました。
当分、無料ブログサービスを利用して、
データ蓄積を行いたいと思います。
是非、ご訪問・コメントお願いします。
インフォ麺ション
⇒ http://blog.livedoor.jp/informention

7)おすすめメルマガ情報

「1日1ネタ!ビジネスアイデア生産工場。」
普段、ビジネスアイデアを考えることが多いのですが、
自分一人で独占しても仕方ないので、公開します。
☆ビジネスアイデアが欲しい人はこちら↓↓
------------------------------
---------------------
【1日1ネタ!ビジネスアイデア生産工場。】
■毎日1ネタ、ビジネスアイデアを公開します。
■企画・企業を考えている人には最適。
■新たな視点を学べるチャンス。
▼今すぐクリック⇒無料購読できます!
http://www.mag2.com/m/0000292645.html

------------------------------
---------------------

(今日のメルマガ完成時間)

◎記事を読んだ時間:11分 (ページ当たり7.3分)
◎執筆時間:68分(ページ当たり45.3分)

編集後記

こんばんは、高尾です。
今日は、広報活動について取り上げましたが、
広報について大変参考になるメルマガを私は購読しています。
野呂エイシロウさんというPRコンサルタントの発行するメルマガ
です。
こういう情報が無料で提供されるのは、大変ありがたいです。
広報に興味のある方は、一度購読されてはどうですか?
http://www.mag2.com/m/0000276192.html


ツイッターやっています。是非フォローしてくださいね。

高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

ご質問・ご相談・ご感想がございましたら、ご連絡ください。

⇒ tryotaro1975@aol.com

今日の画像は、サイトにて。

(こちらのサイトで公開中⇒  http://blog.livedoor.jp/caferics/

メルマガ相互紹介を希望されるメルマガ執筆者様は、
ご連絡お願いします。

私もごく少ない部数の時に、

いろんなメルマガ執筆者様に助けていただきましたので、
今回は私が恩返しします!

メルマガ相互紹介に関する連絡先はこちら

⇒ tryotaro1975@aol.com

今日の反省などについては、このブログを

⇒ http://ameblo.jp/caferics/

メルマガ連動のブログサイトを作りましたので、

できればコメントお願いします。
http://wsj.jugem.jp/


当メルマガの情報については万全を期しておりますが、
内容を保証するもの
ではありません。これらの情報によって生じた、
いかなる損害についても、
補償はいたしかねますので、ご了承ください。

また、当メルマガでは広告も誌面の一部として、
読者様に有効であると
思われるものを厳選しておりますが、
内容については当方で責任を負える
ものではございません。
ご配慮の上ご利用頂けます様お願い申し上げます。
------------------------------
----------------------------------------
■編集・発行:高尾亮太朗 http://wsj.jugem.jp/
■ご意見・ご感想・お問合わせはお気軽に!→  tryotaro1975@aol.com
■発行人ブログ(ビジネスブログ):http://ameblo.jp/caferics/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━
| 高尾亮太朗 | - | 12:24 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:24 | - | - | pookmark |
高尾様

ありがとうございます。
感動しました。
僕のメルマガを読んでいただいて
光栄です。

またメルマガについて書いていただき、
本当にありがとうございました。

おもわずブログに書いてしまいました。
今後ともよろしくおねがいします。 

野呂エイシロウ
| 野呂エイシロウ | 2010/01/26 11:01 PM |









http://wsj.jugem.jp/trackback/421
+ 広告
+ 執筆者プロフィール
高尾亮太朗

1975年兵庫県姫路市生まれ。白鳥小学校・淳心学院・駿台予備学校神戸校・早稲田大学政治経済学部に進む。大学進学時に政治家を志し、早大鵬志会に入会。・・・続き
+ twitter+ryotarotakao.com

高尾亮太朗公式サイト

+ パートナーサイト
+ メルマガ無料配信中!
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 【682号】米スーパー最大手・クローガーのハイロー戦略を単純に真似してはならない。
    常盤 (07/25)
  • 【647号】米玩具メーカー・クネックスブランズ、国内製造への回帰で直面した意外な課題とは?
    高尾 亮太朗 (03/25)
  • 【647号】米玩具メーカー・クネックスブランズ、国内製造への回帰で直面した意外な課題とは?
    mama (03/22)
  • 【434号】練り歯磨きを煩わしく思う消費者。その本当の理由とは?
    Ryotaro Takao (03/13)
  • 【434号】練り歯磨きを煩わしく思う消費者。その本当の理由とは?
    KI (03/13)
  • 【419号】赤がブームのニューヨークレストラン業界とランチェスター戦略
    高尾 亮太朗 (01/11)
  • 【419号】赤がブームのニューヨークレストラン業界とランチェスター戦略
    berry (01/10)
  • 【297号】高級百貨店チェーンサックス、ネットのプライベートセールを開始。
    あろえ (09/08)
  • 【321号】ドキュメンタリー番組には落とし穴がある。
    野呂エイシロウ (01/26)
  • テレビCMもグーグルが影響?
    イーモ (12/24)
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ パートナーサイト
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS