英語新聞ウォールストリートジャーナル(WSJ)から見た起業・ビジネスのヒント

英語がわからなくても最新アメリカビジネス事情を知りたい人、集まれ!
グローバルビジネスマンなら必読の英語新聞「THE WALL STREET JOURNAL(ウォールストリートジャーナル)」。ウォールストリート・ジャーナル研究家の高尾亮太朗が、最新の記事を解説し、起業・ビジネスのヒントを提供いたします。

<< 【第276号(簡易版)】ミネラルウォーターの価格競争激化。 | main | 【第278号(簡易版)】レシートが長くなるアメリカの小売店 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
【277号】売上増を目指すレストラン各社、お子様メニューを刷新。
 ◎9月01日 10時29分現在のトップニュース
Disney Nabs Marvel Heroes
ディズニーはマーベルを約40億ドルで買収した。
この買収によって、映画会社の合併が今後始まる可能性がある。

◎本日のニュース(2009/09/01)

1)見出し 

Restaurants Look Beyond Chicken Fingers

2)要約
レストラン各社は、健康的なお子様メニューや
無料の子供用プレートを新設するなど、
子供用メニューを刷新している。

この理由は、景気悪化により子供を自宅において
夫婦だけで外食する消費者が増えてきており、
その結果売上が減少しているからである。

親が子供を外食に連れて行かない理由として、
子供用メニューが揚げ物やチーズなどカロリーの
高い料理しかないということもある。

そこで、レストラン各社は、
野菜や果物を使った健康的なメニューや子供用無料メニューを作り、
子連れ家族の来店を増やそうとしている。

実際に、子供連れ家族の方が、
夫婦だけよりも客単価が上がる傾向にあるので、
売上増につながることが期待できる。

3)キーとなる英文
Restaurants trying to get more families to dine out have
 a new recipe: Get rid of the French toast sticks.
Put more broccoli and carrots on the menu. Let the kids eat free.

4)キーとなる英文の和訳
より多くの家族の来店を試みているレストラン各社は、
新しいメニューを開発している。
それは、フレンチトーストスティックをメニューから外し、
逆にブロッコリーやにんじんを使った料理を多く掲載された
メニューである。
また、子供が無料で食べられるメニューも新設している。

4)気になる単語・表現と解説
(気になる単語・表現)
なし    

(解説)
◎trying〜dine outは、Restaurantsを形容する。

5)今日のヒント
レストランなどの小売店の場合、
◎売上金額=来店数X客単価
と因数分解できる。

よって、売上金額が減少した場合、
◎来店数が減少した
◎客単価が減少した
という二つの可能性が考えられる。

今回の景気悪化により売上減少に苦しむレストランは、
◎来店数⇒消費者の内食傾向が強まり、減少。
◎客単価⇒値下げ競争が強まり、減少
となり、その結果さらなる売上減少に陥っている。

今回のお子様メニュー刷新の試みは、レストランがターゲットとする
家族連れを分析することによって、行われることになった。

その分析によって、
◎子供連れ家族の来店数が減っているのは、
子供に食べさせたい子供用メニューがないから
という結果に結びつき、
◎親が子供に食べさせたいメニューを開発すれば、
来店数を増やすことできる
という結論に至った。

また、
◎子供連れ家族の来店数が減っているのは、
子供用メニューが高くつくから
という結果に結びつき、
◎子供用メニューを無料にすれば、
来店数を増やすことができる
という結論に至った。

このように、
◎売上金額を客数と客単価に分解して、
どの部分に問題があるのかを明確にする
◎なぜ、問題が発生するのか、
ターゲットとする消費者の実状を分析する
◎問題発生の理由が無くなるような対策を打つ
ことによって、売上の好転につながる。

今回のお子様メニュー刷新は、
分析することの重要性を示す好例である。

************************
《今回のヒントのまとめ》                                            
▼売上減少に悩むレストラン各社は、その原因が、
子供連れ家族の来店数の減少になると分析した。

▼そして、その理由が、子供に食べさせたい子供用メニューが
ないことと子供用メニューは高くつくことにあると予測し、
健康的な子供用メニューの開発や子供用無料メニューの新設に至った。

▼このように、売上に問題がある時は、
売上金額=客数X客単価に分析し、問題が発生する
理由を明確にして、対策を打つことが大変重要となる。

***************************

6)おすすめ商品・サービス 

◎『輸入ビジネス儲けの法則』
海外の商材で日本で紹介されていないものは、
まだまだたくさんあります。
ということは、海外には宝の山があるということ。
ただ、「輸入ビジネス」というと、少し敷居が高そうに重いますよね?
そう思う人にとっては、大変強力な味方になることでしょう。
また、輸入以外のビジネスに役立つヒントも満載です。
本日(9/1)限りで、特典付のキャンペーンを実施中。
http://www.importpreneurs.com/amacam/profits/index.html

この本の筆者は、大須賀祐(おおすかゆう)さんという方で
、輸入ビジネス歴28年のキャリアをもつ貿易の超スペシャリストです。

この大須賀祐さんの28年の経験、日本に500人今日しかいない
ジェトロ認定貿易アドバイザーの知識、ご自分が経験された
数々の失敗談などが盛りだくさんに詰まった「輸入ビジネス儲けの法則」は、
9月2日に発売されます。

http://www.importpreneurs.com/amacam/profits/index.html

ちなみに2006年秋に出版された処女作は、
発売即日アマゾン総合ランキング1位を獲得。

34時間にわたって1位をキープしつづけたとのこと。

そして今年2月出版された2作目も連続して
アマゾン総合ランキング1位に輝きました。

これってすごい。

その大須賀さんが、恥を忍んで書き綴った自分の失敗談は、
まさにすぐに役立つノウハウの集積です。

タイトル:「輸入ビジネス儲けの法則」輸入で失敗しないための68の急所
筆者:大須賀 祐(おおすか ゆう)

出版社:現代書林

価格:1575円(税込)

http://www.importpreneurs.com/amacam/profits/index.html

キャンペーンは、こちらです。
http://www.importpreneurs.com/amacam/profits/index.html

◎インフォ麺ション⇒昨日訪問者は21名。↑
麺の口コミ・情報サイトを作成しました。
当分、無料ブログサービスを利用して、
データ蓄積を行いたいと思います。
是非、ご訪問・コメントお願いします。
インフォ麺ション
⇒ http://blog.livedoor.jp/informention

7)おすすめメルマガ情報
◎新しいメルマガを発行しました。
※最近発行が遅れております。
その名も
「1日1ネタ!ビジネスアイデア生産工場。」
普段、ビジネスアイデアを考えることが多いのですが、
自分一人で独占しても仕方ないので、公開します。
最近発行が遅れており、すいません。
☆ビジネスアイデアが欲しい人はこちら↓↓
---------------------------------------------------
【1日1ネタ!ビジネスアイデア生産工場。】
■毎日1ネタ、ビジネスアイデアを公開します。
■企画・企業を考えている人には最適。
■新たな視点を学べるチャンス。
▼今すぐクリック⇒無料購読できます!
 http://www.mag2.com/m/0000292645.html
---------------------------------------------------


(今日のメルマガ完成時間)
◎記事を読んだ時間:7分 (ページ当たり4.7分)
◎執筆時間:54分(ページ当たり36分)

編集後記
こんばんは、高尾です。
最近いろいろ悩みが多いのですが、
気付けば髪を切りに行くのを忘れていました。
もうかれこれ2ヶ月近く経っていることかと・・・
本日予約取れれば、美容院に行きたいです。
ばっさり髪を切ろうかと、悩んでいるところです。
ツイッターやっています。是非フォローしてくださいね。
高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

ご質問・ご相談・ご感想がございましたら、ご連絡ください。
⇒ tryotaro1975@aol.com

今日の画像は、サイトにて。
(こちらのサイトで公開中⇒  http://blog.livedoor.jp/caferics/

メルマガ相互紹介を希望されるメルマガ執筆者様は、ご連絡お願いします。

私もごく少ない部数の時に、
いろんなメルマガ執筆者様に助けていただきましたので、
今回は私が恩返しします!

メルマガ相互紹介に関する連絡先はこちら
⇒ tryotaro1975@aol.com

今日の反省などについては、このブログを
⇒ http://ameblo.jp/caferics/

メルマガ連動のブログサイトを作りましたので、
できればコメントお願いします。
http://wsj.jugem.jp/

当メルマガの情報については万全を期しておりますが、内容を保証するもの
ではありません。これらの情報によって生じた、いかなる損害についても、
補償はいたしかねますので、ご了承ください。

また、当メルマガでは広告も誌面の一部として、読者様に有効であると
思われるものを厳選しておりますが、内容については当方で責任を負える
ものではございません。ご配慮の上ご利用頂けます様お願い申し上げます。
----------------------------------------------------------------------
■編集・発行:高尾亮太朗 http://wsj.jugem.jp/
■ご意見・ご感想・お問合わせはお気軽に!→  tryotaro1975@aol.com
■発行人ブログ(ビジネスブログ):http://ameblo.jp/caferics/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
| 高尾亮太朗 | ホスピタリティマネージメント | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:07 | - | - | pookmark |









http://wsj.jugem.jp/trackback/374
+ 広告
+ 執筆者プロフィール
高尾亮太朗

1975年兵庫県姫路市生まれ。白鳥小学校・淳心学院・駿台予備学校神戸校・早稲田大学政治経済学部に進む。大学進学時に政治家を志し、早大鵬志会に入会。・・・続き
+ twitter+ryotarotakao.com

高尾亮太朗公式サイト

+ パートナーサイト
+ メルマガ無料配信中!
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 【682号】米スーパー最大手・クローガーのハイロー戦略を単純に真似してはならない。
    常盤 (07/25)
  • 【647号】米玩具メーカー・クネックスブランズ、国内製造への回帰で直面した意外な課題とは?
    高尾 亮太朗 (03/25)
  • 【647号】米玩具メーカー・クネックスブランズ、国内製造への回帰で直面した意外な課題とは?
    mama (03/22)
  • 【434号】練り歯磨きを煩わしく思う消費者。その本当の理由とは?
    Ryotaro Takao (03/13)
  • 【434号】練り歯磨きを煩わしく思う消費者。その本当の理由とは?
    KI (03/13)
  • 【419号】赤がブームのニューヨークレストラン業界とランチェスター戦略
    高尾 亮太朗 (01/11)
  • 【419号】赤がブームのニューヨークレストラン業界とランチェスター戦略
    berry (01/10)
  • 【297号】高級百貨店チェーンサックス、ネットのプライベートセールを開始。
    あろえ (09/08)
  • 【321号】ドキュメンタリー番組には落とし穴がある。
    野呂エイシロウ (01/26)
  • テレビCMもグーグルが影響?
    イーモ (12/24)
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ パートナーサイト
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS