英語新聞ウォールストリートジャーナル(WSJ)から見た起業・ビジネスのヒント

英語がわからなくても最新アメリカビジネス事情を知りたい人、集まれ!
グローバルビジネスマンなら必読の英語新聞「THE WALL STREET JOURNAL(ウォールストリートジャーナル)」。ウォールストリート・ジャーナル研究家の高尾亮太朗が、最新の記事を解説し、起業・ビジネスのヒントを提供いたします。

<< USAトゥデー副社長がいかにして起業を決意したか? | main | 企業は、消費に大きな影響を与える口コミ情報に活用するべし。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
農薬のモンサント社、利益拡大もデフレの予感。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ウォールストリートジャーナルから見た起業のヒント
          〜ビジネスアイデアと英語力の習得〜
              2009/01/10  Vol.106
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎本日のニュース(2009/01/08)

1)見出し 

Monsanto's Profit Shoots Higher

2)要約

セントルイスに本社を持つ、穀物ハイテクノロジー大手のモンサント社は、第
一四半期の業績で利益が二倍以上に伸びた、と発表した。

この要因は二つあり、まずラテンアメリカ諸国でグリホサートを原料にした除草
剤の売れ行きが良かったことと、業界の価格競争が激しい中、利益確保のため利
益率の高い高付加価値商品に力点を置いたことがあった。

しかし、今後の業績については、不透明さは避けられない。

ゴールドマンサックスのアナリストによると、供給量増加により農業用化学製品
の価格が低下傾向にあり、次の四半期の利益が減少に転じる恐れがあるという。

また、穀物市場が下落しており、農業従事者が種子や農薬などの原材料のコスト
に敏感になっていることも、減益になる要素とされている。

さらに、ライバル会社である、化学大手のデュポン社傘下パイオニア杯ブレッド
インターナショナル社が、農薬のシェア拡大のために、穀物の種子を無料配布し
ていることの影響もある。

2)気になる文章

That could be a risky bet as competition in the seed business is fierce
 this year and farmers are being pinched by lower corn and soybean prices
, both down by more than 40% since their record highs this past summer.

3)気になる文章の和訳

種子業界の競争が今年激しなり、またトウモロコシや大豆の価格が、昨年夏の最
高値から40%以上も下落したことによって農業従事者が窮地に陥っているので、
それは危険を伴う賭けとも言えるだろう。

4)  気になる単語

Implement (動詞)  計画・政策などを〕実行[実施・実践・履行・遂行・成就
・施行・執行]する、実行に移す

(例文) We are making effort to implement the license agreement with
X company.

「私たちは、X社とのライセンス契約を実行するために努力しています。」

5)今回の起業のヒント

昨年夏頃のNHKのドキュメンタリー特集で、アメリカの農業が取り上げられて
いた。

その当時、穀物価格が急騰し、農業従事者は一番儲かる穀物を栽培することにした
ため、供給量が減少する懸念のある穀物の価格は、さらに上昇していた。

しかし、9月のリーマンショック後、穀物市場は急変し、市場価格は総じて下落に
転じた。

だから、この記事の見出しを見た時、農薬会社の業績が伸びていることを不思議に
思ったのだが、記事を読んで納得。

穀物価格が下落に転じたことによって、種子や農薬などの農業原材料業界の価格競
争が激化し、利益圧迫要因になっている。

しかしながら、当分市場トレンドは下落が続くかもしれないが、いずれ上昇に転じ
るものと思われる。

それは、新興国の経済発展により、食糧がいずれ不足する事態に陥る可能性が高い
からである。

このように考えると、農業関連業界は今後の成長分野と言えないだろうか。

食糧問題が引き金になって、紛争が起こる可能性も否定できない。
************************

《今回のヒントのまとめ》                
                              
▼農薬大手のモンサント社は、ラテンアメリカでの除草剤の売上増と高付加価値戦
略により、第一四半期の利益を前年同時期に比べて2倍以上に増加させた。

▼ただし、穀物価格の急落により、農業従事者のコスト意識が高まり、価格競争が
激化しているので、次の四半期は減益の可能性が高いとされる。

▼さらに、ライバル社の種子無料配布作戦により、シェア低下も懸念される。

▼しかし今後の世界では、新興国の経済発展により、食糧が不足気味になり、穀物
価格が上昇する傾向になる。

▼このように考えると、農業関連業界は成長分野と言えないであろうか。

***************************

編集後記

こんにちは、高尾です。

昨日より少し頭が痛く、微熱気味。

久しぶりに昨日いっぱい歩いたからでしょうか。

ポカリスウェットを飲んで、早めに寝たいと思います。

ただ、病気は気から、とも言われます。

気を引き締めて週末を乗り切りたいと思います。

今日の画像は、これから。(こちらのサイトで公開中⇒ http://wsj.jugem.jp/ )



画像については、ビジネスブログにて。⇒ http://blog.livedoor.jp/caferics/

メルマガ相互紹介を希望されるメルマガ執筆者様は、ご連絡お願いします。

私もごく少ない部数の時に、いろんなメルマガ執筆者様に助けていただきましたの
で、今回は私が恩返しします!

メルマガ相互紹介に関する連絡先はこちら⇒ tryotaro1975@aol.com

今日の反省などについては、このブログを⇒ http://ameblo.jp/caferics/
メルマガ連動のブログサイトを作りましたので、できればコメントお願いします。
http://wsj.jugem.jp/
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

当メルマガの情報については万全を期しておりますが、内容を保証するもの
ではありません。これらの情報によって生じた、いかなる損害についても、
補償はいたしかねますので、ご了承ください。

また、当メルマガでは広告も誌面の一部として、読者様に有効であると
思われるものを厳選しておりますが、内容については当方で責任を負える
ものではございません。ご配慮の上ご利用頂けます様お願い申し上げます。
----------------------------------------------------------------------
■編集・発行:高尾亮太朗 http://wsj.jugem.jp/
■ご意見・ご感想・お問合わせはお気軽に!→  tryotaro1975@aol.com
■発行人ブログ(ビジネスブログ):http://ameblo.jp/caferics/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
| 高尾亮太朗 | 資源 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:40 | - | - | pookmark |









http://wsj.jugem.jp/trackback/202
+ 広告
+ 執筆者プロフィール
高尾亮太朗

1975年兵庫県姫路市生まれ。白鳥小学校・淳心学院・駿台予備学校神戸校・早稲田大学政治経済学部に進む。大学進学時に政治家を志し、早大鵬志会に入会。・・・続き
+ twitter+ryotarotakao.com

高尾亮太朗公式サイト

+ パートナーサイト
+ メルマガ無料配信中!
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 【682号】米スーパー最大手・クローガーのハイロー戦略を単純に真似してはならない。
    常盤 (07/25)
  • 【647号】米玩具メーカー・クネックスブランズ、国内製造への回帰で直面した意外な課題とは?
    高尾 亮太朗 (03/25)
  • 【647号】米玩具メーカー・クネックスブランズ、国内製造への回帰で直面した意外な課題とは?
    mama (03/22)
  • 【434号】練り歯磨きを煩わしく思う消費者。その本当の理由とは?
    Ryotaro Takao (03/13)
  • 【434号】練り歯磨きを煩わしく思う消費者。その本当の理由とは?
    KI (03/13)
  • 【419号】赤がブームのニューヨークレストラン業界とランチェスター戦略
    高尾 亮太朗 (01/11)
  • 【419号】赤がブームのニューヨークレストラン業界とランチェスター戦略
    berry (01/10)
  • 【297号】高級百貨店チェーンサックス、ネットのプライベートセールを開始。
    あろえ (09/08)
  • 【321号】ドキュメンタリー番組には落とし穴がある。
    野呂エイシロウ (01/26)
  • テレビCMもグーグルが影響?
    イーモ (12/24)
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ パートナーサイト
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS