英語新聞ウォールストリートジャーナル(WSJ)から見た起業・ビジネスのヒント

英語がわからなくても最新アメリカビジネス事情を知りたい人、集まれ!
グローバルビジネスマンなら必読の英語新聞「THE WALL STREET JOURNAL(ウォールストリートジャーナル)」。ウォールストリート・ジャーナル研究家の高尾亮太朗が、最新の記事を解説し、起業・ビジネスのヒントを提供いたします。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
【515号】携帯決済サービス・グーグルワレット利用を拒絶したベライゾンの目的とリスクとは?
 

グーグルワレット

By kennejima

毎週火曜・土曜の18時、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)

◎本日のニュース

1)見出し
War Over the Digital Wallet

【出典】
http://goo.gl/GTBxD

2)要約
グーグル社は、携帯電話キャリア最大手の
ベライゾン・ワイヤレス社から発売する携帯端末には、
グーグルの携帯決済サービス・グーグルワレットを
インストールしない可能性があると、発表した。
この背景には、携帯決済サービスをめぐって、
グーグルとベライゾンとの対立がある。

グーグルが決済サービスに進出する目的は、
ローカル広告市場を開拓するためである。
グーグルワレットは、決済サービスだけでなく、
電子クーポンやロイヤリティプログラムの
ポイントの活用も可能にさせる。
これらの情報を統合すれば、

より深い顧客情報を小売店に提供できる。
その顧客情報を使うことによって、
ターゲットを絞った広告出稿や、
店舗の近くにいる携帯端末ユーザーへのクーポン発行が可能となる

一方、ベライゾンは、競合するAT&TやTモバイルUSAと提携し、
アイシスという携帯決済企業を設立。グーグルワレットが、
この携帯決済サービスと競合するとして、
グーグルワレットの搭載に難色を示している。
携帯キャリアによる携帯決済サービスへの進出は、
携帯端末上でのコンテンツへの支配力が弱まったことを物語る。
また、グーグルが、最大のシェアを持つアンドロイドOSに、
グーグルワレットをどのように組み込むかについて、
心配されている。

ただ、今のところ、多くの消費者が携帯決済サービスを利用したい
と感じているかどうかについては、疑問が残る。
また、決済サービス機能を備えた携帯電話は、
非常に限られている。

毎週火曜・土曜の18時、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)

◎キーセンテンスとその翻訳
3)キーとなる英文
The war of the "wallets" is escalating, with two of
the biggest names in technology skirmishing over
who will control how consumers spend money using their smartphones.

4)キーとなる英文の和訳
「財布」を巡る戦いは、徐々に激しくなっている。
技術力に長けた二社が、スマートフォンを利用した
消費者の決済方法を誰が支配するかについて、
小競り合いをしているからである。

5)気になる単語・表現
skirmish        自動詞     小競り合いをする

◎記事から読み取った今日のヒント
6)ビジネスのヒント
携帯決済サービスに関するグーグル社(Google Inc.)と
ベライゾン・ワイヤレス(Verizon Wireless)との対立が表面化したのは、
グーグルの新スマートフォン・ギャラクシーネクサス(
Galaxy Nexus)に
グーグルワレット(Google Wallet)が搭載されないと、
グーグルが発表したからである。グーグルワレットとは、
グーグルが開発した携帯決済サービス。記事によると、
ギャラクシーネクサスにプレインストールされないどころか、
消費者自身によるダウンロードもできないという。
(ダウンロードできないことに関しては、疑問が残る。
OSの違いによりアプリ利用に制限があるのはわかるが、
機種によって一部のアプリを利用制限できるのだろうか。)

ベライゾンが、グーグルワレットに拒否反応を示したのは、
グーグルワレットがベライゾン提供の携帯決済サービスと競合する
からである。
ベライゾンの携帯決済サービスは、携帯キャリアとして競合する
AT&T社(AT&T Inc.)やTモバイルUSA(T-Mobile USA)と共同で設立した
ジョイントベンチャー・アイシス(ISIS)が提供する。
アイシスの決済サービスを通じて、
ベライゾンは収益を得ると考えられるので、
グーグルワレットの利用を許可すると、
収益機会を失うことになる。
ただ、携帯決済サービスを巡る対立は、
単に収益機会を失う懸念だけを問題にしているわけではない。
この背後には、携帯電話上のコンテンツを巡る対立がある。

スマートフォンが登場するまでは、携帯キャリアが携帯端末や
端末上のコンテンツに大きな影響力があった。
この影響力は支配力とも言える。携帯キャリアが、
どのような端末を作り、
その端末でどのようなコンテンツを提供するかについて、
決めていた。携帯キャリアが違えば、端末・
コンテンツが違っていた。

しかし、スマートフォンが登場すると、
スマートフォン上で起動するOSが支配力を持つことになった。
このOSとは、グーグルのアンドロイドやアップルのiOSなど。
OSによって、OS上で動くコンテンツ(アプリ)
は制限を受ける。
逆言うと、OSが同じならば、コンテンツに違いが無くなる。
そして、そのOSを持つスマートフォンのユーザーは、
自分の好むコンテンツを選ぶことができる。
OSが同じであれば、通信会社が異なっても、
同じコンテンツを享受できる。
携帯キャリアのコンテンツに対する支配力が無くなったと言っても

いいだろう。

この結果、消費者の携帯キャリアに対するこだわりが小さくなり、
携帯キャリアを変えるハードルが小さくなる。
携帯キャリアの収益に対しては、マイナスに働く。
この外部環境の変化に対して取った措置が、
携帯決済サービスへの進出である。

携帯決済サービスを行うことの利点は、次の2つ。
1.新たな収益源を獲得できる
2.携帯キャリアとしての強みを利用できる
1については、決済毎に手数料収入を見込め、
新たな収益源となる。
2の強みとは、
自社で販売する携帯端末を決める権限があることと、
数少ない携帯キャリアの一つであること。

どんな端末を販売するかについて、携帯キャリア自身に決める権限がある。
携帯キャリアの商品として販売するので、
携帯端末の細かい仕様まで決めることができる。
この強みを活かして、ベライゾンは、ギャラクシーネクサスでの
グーグルワレット利用を不可能にさせた。その代わり、
アイシスのサービスを搭載することもできる。
OSによって利用できるコンテンツが決まると言っても、
端末に関して最終的に決定するのは携帯キャリア。
端末に制限があれば、
OS上で利用できるコンテンツにも制限が課される。
(端末によるダウンロードの可否については、かなり疑問。)

ならば、OSやコンテンツ側が、制限のない携帯キャリアを選べばよいのだが、
その選択肢は少ない。それは、
携帯キャリア市場が寡占されているからである。
グーグルワレットでの対立で言えば、
グーグルはベライゾン以外のキャリアを選ぶこともできる。
しかし、
ベライゾンの推す携帯決済サービスを提供するアイシスには、
AT&TやTモバイルUSAも出資をするので、
AT&
TやTモバイルUSAもグーグルワレットを拒絶するだろう。
よって、グーグルの選択肢はかなり少なくなる。
(グーグルワレットでは、携帯キャリア業界3位のスプリント・
ネクステルと提携している。)
寡占化された市場ゆえの選択肢の少なさは、
ベライゾンにとって有利に働く。

外部環境が変化すれば、収益に悪影響を及ぼすことが多い。
その場合、自社の強みを再認識し、
その強みを活かして新たな収益源を探せば、
変化に対応できるかもしれない。

ただし、ベライゾンにリスクがないわけではない。
寡占市場や端末決定権を利用して、
自社に有利な端末を販売すると、
消費者の離反を招く恐れがある。
その結果、
携帯キャリア自体を選んでもらえなくなるかもしれない。
特に、スマートフォンになってから携帯キャリアのスイッチが
容易になっていることを考えると、解約数が新規加入数を上回り、
利用者が純減する可能性さえ否定できない。日本のauが、
利益率の低いiPhoneの販売に止む無く踏み切ったのも、
利用者数が低迷したから。消費者ニーズを読み損ねると、
強みが悲劇につながることもある。

※ベライゾン版ギャラクシーネクサスは、まだ発売されておらず、
グーグルワレットが利用できるかどうかについて定かではありませ
ん。

ギャラクシーネクサス http://www.google.com/nexus/
ISIS http://www.paywithisis.com/
グーグルワレット http://www.google.com/wallet/

毎週火曜・土曜の18時、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)

***************************
《今回のヒントのまとめ》

1)ベライゾンが携帯決済サービスに進出したのは、
外部環境の変化のため。コンテンツがOSに依存する
スマートフォンが増えると、
携帯キャリアのスイッチが容易になり、
携帯キャリアにとってはマイナスの影響を受ける。

2)携帯決済サービスに進出する利点は、
新たな収益源を獲得できることと、
自社の強みを活用かせることである。外部環境の変化に対して、
この2点に注目すれば、変化への対策が見つかるかもしれない。

3)しかし、消費者ニーズを顧みず、自社の強みばかりに注目しすぎると、
消費者の離反を招く恐れがある。
*************************

7)おすすめ商品・サービス

◎Winecarte 簡単ワインの選び方

最近、ワインを勉強しています。
それをアウトプットする意味でも、
ワインのサイトを始めました。
焦らず少しずつ作成する予定です。
http://wine.ryotarotakao.com/

編集後記
記事によると、アイシスの決済サービスは、
グーグルワレットとほぼ同じ。
(ポイントカードの役割については、言及されていません。)
携帯を使った決済は、おサイフケータイとして日本ではおなじみ。
ただ、消費者属性や買い物履歴に応じたクーポン発行や
ポイント付与のサービスは、まだそれほど普及していません。
携帯でこれらのサービスが提供されれば、
太った財布がダイエットできそうです。
特に、ポイントカードはなんとかして欲しいです。

高尾亮太朗のfacebook⇒ http://www.facebook.com
(アカウントは、ryotarotakaoです。)
高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ http://ryotarotakao.com
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

| 高尾亮太朗 | 通信 | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【500号】機内でwifiサービスを強化する米航空会社、その本当の理由とは?
 

エアカナダのビジネスクラス座席

By caribb


◎本日のニュース

1)見出し
Playing the Wireless Card: Airlines Rush to Add Wi-Fi

【出典】
http://goo.gl/UF1KW

2)要約
米航空会社は、機内でのWiFi(無線LAN)

サービスを強化している。
WiFiサービスによって、
これまでモニターで放映していた映画やテレビ番組を、
乗客の持つスマートフォンやタブレット・
ノートパソコンに提供できるからである。
WiFiサービスは有料サービスであるため、
航空会社にとっては新たな収益源になる。

現在、乗客用飛行機の1/3以上の約1260機で、
WiFiサービスが提供されている。2013年までには、
半分以上の飛行機がネットにつながる予定である。

ただし、機内でWiFiサービスを提供することは、
店舗での提供よりもコストがかかり、また一筋縄ではいかない。
その理由は、電波を飛行機につなげるためには、
機内にアンテナなどを導入する必要があるからである。
さらに、
いつWiFiを始めるかというタイミングの問題も生じる。
技術革新が早いため、
最新のWiFiサービスがすぐに廃れるからである。

また、WiFiサービスが普及しても、
座席裏のスクリーンは無くならないとされている。

◎キーセンテンスとその翻訳
3)キーとなる英文
The shift has led to a thriving market at 30,000 feet to provide Wi-Fi,
movies and TV shows on travelers' smartphones, tablets and laptops.

4)キーとなる英文の和訳
その動きによって、WiFiや映画・
テレビ番組を乗客のスマートフォンや
タブレット・ノートパソコンに提供することが可能となり、
高度3万フィートの市場がさら膨らもうとしている。

5)気になる単語・表現
thriving        形容詞     繁盛する

◎記事から読み取った今日のヒント
6)ビジネスのヒント
機内では電子機器の使用が制限されるために、
WiFiサービスが利用できることに少し違和感を覚えるが、
記事によると高度1万フィート以上であれば、利用できるという。
つまり、1万フィート以上の高度を飛行機が飛んでいれば、
WiFiを利用することは可能となる。

スターバックスなど地上の店舗で、
WiFiサービスを提供するお店が増えている。
その理由は、集客のためである。
WiFiが利用できないお店よりも、
WiFiを利用できるお店の方が使い勝手がいい。
特に、スマートフォンやタブレットを使用する人口が増えると、
WiFiがあるかないかで、お店を決める人も増えるだろう。
これを、飛行機にも当てはめれば、
航空会社がWiFiの拡充を急ぐ方針も理解できる。
ただし、地上とは異なり、
機内のでWiFi環境はそう簡単に整えることはできない、
という。

その大きな要因は、コストと品質。
現在、機内でのWiFiサービスで90%
以上のシェアを握るのが、
ゴゴ社(Gogo LCC、以下ゴゴ)。ただ、ゴゴは、
地上の携帯電波を機内アンテナに取り込む仕組みを使用するため、
WiFi使用可能地域が合衆国の大陸部分とアラスカに限られる。
だから、テレビの生放送は提供できない。

一方、ゴゴ以外の企業は、衛生を使うので利用可能地域が広くなり、
さらに提供できるコンテンツも増えるが、
まだサービスは提供されていない。その大きな要因は、
機内に取り付ける受信機がゴゴのアンテナよりも重く、
さらに取り付け時間が長いからである。

また、機内でのWiFi技術においては、技術革新が凄まじい。
そのため、顧客ニーズがあるからといって導入したものの、
その後競合他社がより新しい技術を導入したら、
WiFiサービスでの優位性は無くなる。技術を見極めて、
どのタイミングで導入するかが、
WiFiサービス提供の成否を分ける。
ちなみに、現在一番注目されているのは、
ヴィアサット社(ViaSat Inc.)のカーバンド(Ka band)という技術。
カーバンドは、最新の衛生技術を使っているので、
WiFi利用可能帯域が高く、速度も速い。
そのため、
速度を下げずに少なくとも10倍のユーザーがWiFiを利用できるという。

このように、たとえ飛行機内でもネットを使いたいという
乗客のニーズを答えるために、航空会社各社は、
機内でのWiFiサービスを競っている。
一方、WiFiサービスは単に集客に役立つだけでなく、
航空会社にとっては新たな収益源になる。
具体的には、WiFi経由で配信するコンテンツに課金する。
例えば、デルタ航空では、映画に4ドル、
テレビ番組に1ドル課金する。
(1本・1番組ごとに課金するのか、
1搭乗ごとに課金するのかは、不明。)
LCC(コーコストキャリア)
との競争で航空券価格は下落圧力がかかるが、
WiFiというLCCにはないサービスを提供することで、
差別化・収益を増やすことができる。

スマートフォンやタブレットが普及すると、
WiFiはその認知度が高まるだけでなく、
その必要性がさらに増すことだろう。
また、ネットの利便性に慣れた消費者が増えれば、
常時ネット接続へのニーズはさらに高まる。
その結果、今後サービス業にとって、
WiFi環境があるかないかは大きな差別化になるだろう。
そして、航空会社のWiFi導入のように、
WiFi環境を設置することで、
収益拡大につながる仕組みが生まれるように思える。
スーパーで実験的に行われている、
スマートフォンを使ったスマートショッピングが、
その一例だろう。
※スマートフォンを使ったスマートショッピングの記事はこちら
http://archive.mag2.com/0000261802/20111015180000000.html

***************************
《今回のヒントのまとめ》

1)米航空会社は、機内でWiFiを利用できる機体を増やそうとしている。
WiFiサービスによって、乗客は自分のスマートフォンや
タブレット・
ノートパソコンで映画やテレビ番組を見ることができる。

2)WiFiサービスを強化するのは、常時接続に慣れた消費者に、
機内でネットを使いたいというニーズがあるからである。
ニーズを満たせば、集客につながる。
また、WiFi経由でコンテンツを提供することが、
航空会社の新たな収益源にもなりえる。
LCCとの価格競争を回避することにもなるだろう。

3)しかし、機内でWiFiを提供するには、大きなリスクがある。
そのリスクとは、導入コストが高いことと、
導入タイミングを間違えば競争力を失いかねないということ、
である。

4)スマートフォンやタブレットが普及すれば、
WiFiへのニーズが高まるだろう。
その結果、
集客のためにWiFi環境を整えるサービス企業が増えるだろう。
さらに、航空会社のWiFi導入のように、
WiFiを収益拡大のために活用する企業も今後出てくるように思
える。

***************************

毎週火曜・土曜の18時、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)

7)おすすめ商品・サービス

◎Winecarte 簡単ワインの選び方
一番新しい記事は、

アメリカのぶどう不足は、アメリカワインにどのような影響を与えるのか?
http://wine.ryotarotakao.com/archives/1410

です。

最近、ワインを勉強しています。
それをアウトプットする意味でも、
ワインのサイトを始めました。
焦らず少しずつ作成する予定です。
http://wine.ryotarotakao.com/

編集後記
10/15、最後の甲子園に行きました。
本当は行く予定でなかったのですが、
ヤフオクで比較的安く販売されていたので落札。
2回ぐらいから雨が降り出しました。
雨の中で野球観戦するのは初めて。
外野席も初めて。
そして、7回コールド負け。
今日こそは六甲おろしを三番まで歌おうと思っていのに、
とても残念。
ノーアウト二塁で点が入らないのだから、仕方ない。
今年の甲子園応援戦歴は、2勝3敗。

高尾亮太朗のfacebook⇒ http://www.facebook.com
(アカウントは、ryotarotakaoです。)
高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ http://ryotarotakao.com
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

| 高尾亮太朗 | 通信 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【464号】ベライゾン、ペイフォンとの新決済サービスは競争激化の証。
 

※東日本大震災で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。
また、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

◎本日のニュース

1)見出し
Verizon Wireless to Add Payment Option

【出典】
http://goo.gl/gA7sS


IMG_7046 Verizon logo



2)要約
ベライゾン・ワイヤレスは、
携帯電話を使った新決済サービスを計画している。
このサービスを使えば、
ネットに繋げられるベライゾンの携帯から
音楽や電子書籍などのデジタルコンテンツを購入した際、
通信料金と一緒にベライゾンに支払うことができる。

このサービスを提供するために、
ベライゾンはペイフォン社と提携する。
通販サイトにこのサービス用のリンクが設置され、
ベライゾンと契約しネットに接続できる携帯電話を
持っている人はすべて、このリンクをクリックすれば
新決済サービスを利用できる。

一方、ベライゾンは、AT&TやTモバイルと提携し、
ISISという別の決済サービスの開始を予定している。
ペイフォンとの新決済サービスは、
購入できるものが限られていた既存の決済サービスの後継とし、
ISISと共存させる計画でいる。

3)キーとなる英文
Customers can use the Internet on their phones to order
digital items such as music or e-books and have the
charge placed on their monthly Verizon bill.

4)キーとなる英文の和訳
顧客は、自分の携帯電話でインターネットを利用する際に、
音楽や電子書籍などのデジタルアイテムを注文し、
その支払は毎月のベライゾンからの請求で行うことができる。

5)気になる単語・表現
なし

6)今日のヒント
ベライゾンがペイフォンと開発した新決済サービスとISISとの

一番の違いは、
●ペイフォンとの新サービス:コンテンツなどのネット通販用
●ISIS:店舗用
である。だから、ペイフォンとの新サービスとISISとカニバリすることはない。


ベライゾンが新決済サービスを行うのは、
加入者という資産を活用する
ためである。ベライゾンの加入者は、全米首位。
この絶大な集客力を活用しない手はない。
集客力から収益を上げる方法として、
オーソドックスなのは広告。
携帯電話やクレジットカードの請求書と一緒に送られてくる広告が、
これである。この広告を見て、加入者が商品を購入すれば、
携帯電話会社やクレジットカード会社に手数料が入る。

一方、ペイフォンとの新サービスは、
ベライゾンによる決済代行サービスとの見ることもできる。
決済代行サービスも、広告と同様商品が売れて
決済が行われる時に手数料が発生する。
しかし、広告とは違い、
再度のその通販サービスから商品が購入されると、
手数料が発生する。
このように、ストック型の収益機会をもたらす。
広告の場合は、広告を見て商品が売れた時には
手数料が発生するが、
再度そのサービス事業者から商品が売れた場合には、
手数料が発生しない。
(二回目以降は、広告を見るという行為が発生しないから。)
だから、広告よりも決済代行サービスの方が、
収益性において旨みがある。

ISISでも、ベライゾンはその旨みを一番享受することになる。
それは、提携するAT&TやTモバイルよりも加入者数が多く、
ISISが普及すればするほど、
ベライゾン加入者がISISを使う回数が多くなり、
手数料収入が増えるからである。

しかし、ISISには大きな問題が潜む。それは、
競争の激化
という問題である。ISISの利用方法は、
店舗で商品を購入した時に、ISISを利用できる携帯電話をレジでかざして決済を行う
というものである。記事によると、類似サービスとして、
1.グーグルワレット
2.ビザとファンダモとの提携サービス
が紹介されている。

グーグルワレットは、今年の夏に、
ニューヨークとサンフランシスコで提供されるサービスで、
携帯キャリアのスプリントネクステル、
クレジットカードのマスターカード、
POSシステムのベリフォンシステムズと提携している。
アンドロイド携帯は、キャリアを問わず発売されており、
スマートフォンのシェア一位。今後スマートフォン利用者が増加し、
このサービスを利用できる端末が増えると、
加入者一位のベライゾンでもかなり手ごわい。
ビザも、クレジットカード業界最大手で、
ビザカードを持っている人を考えると、
ベライゾンの加入者数は霞んで見える。

このように、ISISは、グーグル・ビザの参入により、
今後は激しい競争が予測され、
加入者首位のベライゾンにとっては、
その旨みは小さくなっている。
一方で、ペイフォンとの新サービスは、
ベライゾンの加入者にとってはメリットがあり、
加入者首位という強みを新たな収益に結びつけることができる。
ちなみに、加入者にとってのメリットとは、
ネット通販決済時にクレジットカード番号を入力する手間を省き、
またクレジットカード番号の漏洩の危険性を回避すること、
そして、支払いをベライゾンに支払う通信料金と一緒にできることである。

当初、ISISも、加入者首位というベライゾンの強みを
収益に結びつけるサービスであった。
しかし、店舗決済ではグーグル・ビザなどとの競争が激化し、
収益化が難しくなった。
そこで、コンテンツ決済に目を付けたように思う。
コンテンツを含むネット通販では、
ペイパルがその競合である。
ベライゾン加入者にとっては、
毎月必ず発生する通信費と一緒に支払え、
ペイパルにはない利便性を享受できる。

***************************
《今回のヒントのまとめ》

1)ベライゾン・ワイヤレスの新決済サービスは、
ペイフォンとの提携で行われ、
携帯電話経由でのコンテンツ決済を代行する。

2)ベライゾンは、これとは別に、
AT&TやTモバイルと提携し、
ISISという店舗決済を携帯で行えるサービスを
提供する予定でいる。
加入者首位のベライゾンは、
提携する他社よりも大きな収益を
ISISから得られることになる。

3)しかし、携帯での店舗決済では、
グーグルやビザなどの参入があり、
競争が激化している。

4)この競争激化により、
加入者首位という資産を有効活用できなくなり、
コンテンツ決済代行に目を付けたのだろう。
コンテンツを含むネット通販では、
ペイパルと競合するが、
ベライゾン加入者にとっては、
支払いをベライゾンへの通信費と
一括できるという利便性がある。

5)加入者数を収益に変える方法として、
広告も考えられる。広告が一回きりの収益機会なのに対し、
決済代行は、一度使われると何度も使われるので、
ストック型の収益機会をもたらす。

***************************
【参考サイト】
アメリカの携帯電話事情 http://goo.gl/8qClB
ペイパル http://goo.gl/C4gbH

毎週火曜・土曜の18時にて、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)

6)おすすめ商品・サービス

◎       Winecarte 簡単ワインの選び方
一番新しい記事は、

ふらのワイン(Furano Wine)
http://goo.gl/TQt9Q

です。

最近、ワインを勉強しています。
それをアウトプットする意味でも、ワインのサイトを始めました。
焦らず少しずつ作成する予定です。
http://wine.ryotarotakao.com/

編集後記
こんばんは、高尾です。
ペイパルは、まだ使ったことがありません。
ネットで購入する時は、楽天やヤフーなど
モール型サイトを利用することが多いからでしょう。
モール型の場合は、モールにクレジットカード情報を記録すれば、
いちいち記入する必要がありません。
モール型サイトの力が強い日本では、
ペイパルは難しいのかもしれないですね。
ペイパルのサイトを見ると、
便利そうには見えますが…

高尾亮太朗のfacebook⇒ http://www.facebook.com
(アカウントは、ryotarotakaoです。)
高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ http://ryotarotakao.com
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

ご質問・ご相談・ご感想がございましたら、ご連絡ください。
⇒ tryotaro1975@aol.com

メルマガ相互紹介を希望されるメルマガ執筆者様は、ご連絡お願いします。

私もごく少ない部数の時に、
いろんなメルマガ執筆者様に助けていただきましたので、
今回は私が恩返しします!

メルマガ相互紹介に関する連絡先はこちら
⇒ tryotaro1975@aol.com

今日の反省などについては、このブログを
⇒ http://ameblo.jp/caferics/

メルマガ連動のブログサイトを作りましたので、
できればコメントお願いします。
http://wsj.jugem.jp/

当メルマガの情報については万全を期しておりますが、内容を保証するもの
ではありません。これらの情報によって生じた、いかなる損害についても、
補償はいたしかねますので、ご了承ください。

また、当メルマガでは広告も誌面の一部として、読者様に有効であると
思われるものを厳選しておりますが、内容については当方で責任を負える
ものではございません。ご配慮の上ご利用頂けます様お願い申し上げます。

| 高尾亮太朗 | 通信 | 23:38 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
+ 広告
+ 執筆者プロフィール
高尾亮太朗

1975年兵庫県姫路市生まれ。白鳥小学校・淳心学院・駿台予備学校神戸校・早稲田大学政治経済学部に進む。大学進学時に政治家を志し、早大鵬志会に入会。・・・続き
+ twitter+ryotarotakao.com

高尾亮太朗公式サイト

+ パートナーサイト
+ メルマガ無料配信中!
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 【682号】米スーパー最大手・クローガーのハイロー戦略を単純に真似してはならない。
    常盤 (07/25)
  • 【647号】米玩具メーカー・クネックスブランズ、国内製造への回帰で直面した意外な課題とは?
    高尾 亮太朗 (03/25)
  • 【647号】米玩具メーカー・クネックスブランズ、国内製造への回帰で直面した意外な課題とは?
    mama (03/22)
  • 【434号】練り歯磨きを煩わしく思う消費者。その本当の理由とは?
    Ryotaro Takao (03/13)
  • 【434号】練り歯磨きを煩わしく思う消費者。その本当の理由とは?
    KI (03/13)
  • 【419号】赤がブームのニューヨークレストラン業界とランチェスター戦略
    高尾 亮太朗 (01/11)
  • 【419号】赤がブームのニューヨークレストラン業界とランチェスター戦略
    berry (01/10)
  • 【297号】高級百貨店チェーンサックス、ネットのプライベートセールを開始。
    あろえ (09/08)
  • 【321号】ドキュメンタリー番組には落とし穴がある。
    野呂エイシロウ (01/26)
  • テレビCMもグーグルが影響?
    イーモ (12/24)
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ パートナーサイト
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS